トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

舞台衣装調達!

J0297074 昨日は安部先生と一緒に大阪のデパートやロフトを巡り、『ホワイトデイ ストーリー』で必要な衣装を買ってきました。どんぴしゃ!のタイミングで安く手に入ったので、本当に助かりました。どんな衣装かは明日の稽古で。お楽しみ!

………さて、あとは台本を完成させないとね。頭の中でいくら完結していても、紙に書いて印刷して、みんなに配って、初めて完成だもんね。とにかく時間はないのでがんばります!『バレンタインデイ ストーリー』の台本も読み直しておいてくださいよ。

みんなも健康管理には気をつけてください。本番が近づいてくると、自分だけの問題じゃなくなるからね。よろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

ジョディー・フォスター (女優・米)

Jf_photo 先週の稽古で映画『羊たちの沈黙』を観たメンバーがいたね。ジョディー・フォスターはその映画で主演している女優。

新聞やH・Pなどで何度も紹介してきたと思うけれど、彼女もこどもの頃から活動していて14歳の時に出演した『タクシー・ドライバー』という映画で衝撃的な役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。

しかし、ここからが普通の“子役スター”と違うところで、ジョディーはしばらく学業に専念して、名門イエール大学を優秀な成績で卒業した。

その後、映画界にカムバックして『告発の行方』、『羊たちの沈黙』で2度のアカデミー主演女優賞を獲得。もちろん現在も大活躍中だ。

一流の人は、何をやっても中途半端でない。将来、何をやるにしても知識や教養が必要だと判断すれば、一時期の「栄光」「人気」を捨ててでも、やるべきことに専念する。

自分は将来何になりたいのか?何をやっていきたいのか?それになるためには何を学び、どんなことを経験するべきかを真剣に考え、行動することが大事!

行動しなければ何も変わらないし、目標も近づかないからね。それには自分を信じる強い信念勇気が必要だよ。みんなにはジョディーのような勇気があるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

『放浪記』の森 光子さん

Mituko_mori_2 先週の23日、日本を代表する名優の森光子さん(87)が、1961年以来主演している舞台『放浪記』の上演回数1900回の記録を打ち立てた。

47年間で1900回舞台で同じ役を演じ、しかも一度も休んだことがないそうだ。それがいかに大変で難しいことか、一度でも舞台に立っているみんなには、少しはわかるんじゃないかな。(本当の意味での理解は本人にしか無理だろうけど……)

まず、とにかく健康でなければ絶対に達成不可能だよね。その健康を維持するためにきっといろいろなことに注意を払い、節制して毎日を生きているはず。健康だけでなく体型も維持しなければ同じ役はできないからね。

そして、同じ役を演じ続ける情熱も必要だよね。普通なら、100回も同じ役を演じたら飽きてしまうし、まったく別の役を演じたくもなるよね。みんなはどうかな?

インタビューで「台本は毎日読んでます。名作をさらに磨きたいから」と、今でも良い舞台を作ることを目指して、出来る限りのことをやっている真摯(しんし)な姿勢には本当に驚かされるし、同じ舞台をやっている人間として心から尊敬せずにはいられない

上演回数2000回を目指して今後も各地で『放浪記』を上演する予定の森光子さん。(チケットはすでにどこの会場も完売)きっと達成されることを祈りつつ、自分ももっともっと努力しなければいけないと、改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

『ホワイトデイ ストーリー』チラシデザイン完成! 

Sha_wds_chirashi_001 『ホワイトデイ ストーリー』のチラシが完成したよhappy01今回はタイトルに合わせてモノクロ(白黒)で統一しました。(ソレイユのロゴだけカラーですsun

とてもドラマチックで悲劇なのかな?と思わせて、実はとことん(←博多弁)笑わせるコメディ作品です。もちろんただ笑わせるだけではなく、最後に少しホロリsweat02とさせるのが上質のコメディ。きっとみんなに歓んでもらえる作品になると思います。scissors

しかし、どんなに良い作品でも出演してくれる最高の役者がいなければ上演できません。そこでみんなの出番です。今回もよろしくお願いしますよ!happy02

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

総合文化会館

Sha_2007805_019 先週土曜日の午前中に「総合文化会館の建設を進める会」の総会に出席してきました。枚方市に新しいホールを建てるために運動している会ですが、実はこの計画12年も前からあるのに全然進んでいないのです。coldsweats02

なぜ新ホールが必要なのかというと、現在の市民会館の①老朽化②バリアフリー③耐震性④ホールの機能性⑤舞台道具の搬入出 などの問題があるからです。

枚方市側はこの計画に賛同していて、何度も建設直前までいってるようなのですが、劇場を建てるには莫大なお金が必要なことや様々な問題があって、なかなか着工に踏み切れないようです。dollar

今現在の計画では5年後平成25年には完成する予定らしいですが、出席した竹内市長の話しでは「大阪の新市長が橋本さんになり、補助金が削られる可能性がある」「市民病院の建て替えもある」など、言い訳ばかりで、とても実現に向けて積極的に取り組んでいくようには感じられませんでした。despair

本当にいつになれば新しい劇場の舞台に立てるのでしょう?枚方市全体の文化レベルの低さは、こういった問題を後回しにして、本気で取り組まないところに原因の一旦があると思います。市民である私たちももっと本気で劇場の必要性を訴えなければいけないと強く感じました。good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

今日の稽古

Sha_2008223_004_3 Sha_2008223_005_2 今日はさっそく『ホワイトデイ ストーリー』の冒頭シーンの稽古をしました。みなさん大熱演でとても見ごたえありましたよgood

歌は劇中で歌う結婚式のための歌や3月末に訪問させていただく老人ホームで歌う曲を練習しました。特に氷川きよしさんの『きよしのソーラン節』はメチャクチャ演歌!ですが、とても楽しく気合の入る歌で、みんなも楽しく歌っていました。noteskaraokenotes

明日は、中学生が試験前ということもあるので特別練習は入れませんでした。試験がんばってください。先生も台本を完成させるべく執筆活動に専念させていただきます。お互いにがんばりましょう!

では、とても寒いので気をつけて!また来週bleahsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイフ・ファインズ (俳優・英)

Shindoraer_2 Fiennes_2 今晩8時からNHK-BS2で放送される映画『シンドラーのリスト』に出演しているイギリスの俳優。

この作品で、アーモン・ゲイトという冷酷非道なナチスドイツの将校を演じるために体重を10Kg以上増やした。まるで動物を殺すようにユダヤ人たちを銃で撃ち殺す場面は、本当にこんな行為があったのだろうか?と目を疑ってしまうほどの衝撃だが、実際に戦争時代にはこのような行為があったのだろう。戦争ほど愚かで悲惨なものはない。だからこそ、こういう映画を観て、平和について改めて考えてほしいと願う。

ぼくは大学時代にこの映画を観に行き、終わってもしばらくの間立ち上がれなかった。それほど強烈な内容なので、観る人は覚悟して観てほしい。監督は有名なスティーブン・スピルバーグで1993年のアカデミー賞を独占した。

レイフ・ファインズはその後も映画に舞台に大活躍。最近では「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で魔術師のヴォルデモートを演じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

M・ジャクソン 『スリラー』25周年!

Mj 世界で最も売れたアルバムとして名高い、マイケル・ジャクソン『スリラー』が発売25周年記念で豪華な特典付きで最発売されている。当時、ボクは小学6年生だったけれど、母親にお金をもらって近くのレコードショップで買ったのを今でも覚えている。

最近でもよく“社会現象”という言葉を耳にするが、この『スリラー』ほどのレベルのものはほとんどないと思う。

映画のようなストーリーのあるミュージック・ビデオは、今観ても何度観てもドキドキするし、とにかくカッコいい!“目が離せない”“目がくぎづけ”という言葉は、まさにマイケル・ジャクソンのパフォーマンスのためにあるような言葉だ(うそだと思うなら、ぜひ一度彼のライブ映像を観てほしい!)

「天才」と一言で片付けるのは簡単だけど、きっと血のにじむような日々の鍛錬と最高のものを創造したいという情熱がなければ生まれなかったアルバムだと思う。

音楽・映画・演劇・絵画・彫刻・あらゆるジャンル問わず「最高の芸術」に国境なんてまったく関係ない!みんなも少しでも最高に近づけるように世の中にある最高のものに触れてほしいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

アクターズスタジオ インタビュー

Photo 今日の午後1時からNHK-BSで『アクターズスタジオ インタビュー』という番組が放送されます。これは、今をときめくスター俳優たちが、自分の出演作を振り返りながら“演技の極意”を教えてくれるとってもありがたい番組です。将来本物の役者になりたい人は必見ですよ!

今回はみんなもよく知ってる俳優のトム・ハンクスさんがゲスト。彼は最初はコメディアンで売り出したけれど、映画『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ』2年連続アカデミー主演男優賞を獲得した今やアメリカを代表する映画俳優の一人。シリアスな作品からコメディまでなんでも演じることができる数少ない本物の役者です。

『アクターズスタジオ インタビュー』は大活躍の俳優たちの“生の声”が聴ける貴重な番組。生い立ちや、有名になるまでの苦労話、役へのアプローチのやり方、有名になってからの生活の対処法、監督や共演者とのエピソードなどなど。そして、最後は現在「アクターズスタジオ」で俳優や監督修業している役者の卵たちの質問に応えるコーナーもあり、本当に勉強になる番組です。

みんなも同じ役者の卵として、偉大なる先輩の声に耳を傾け、自分の成長の肥やしにして下さい!新聞には「トム・ハンクス 自らを語る」と表記されていますからね。ちなみに深夜には「レイフ・ファインズ 自らを語る」があるし、しばらくの間いろいろな俳優たちの「~自らを語る」があるので要チェック!(ビデオ録画して何度も見る価値アリ) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

J・フォンダ V・レッドグレーブ主演 『ジュリア』

Jane070 今晩9時からNHK-BSで映画『ジュリア』があります。女同士の友情を描きながら、戦争の理不尽さ人間の意志の強さや誇りをテーマにした名作です。特に主演女優のジェーン・フォンダバネッサ・レッドグレーブの演技が素晴らしい!決してオーバーなことはしていないのに、心の奥が伝わってくる。これが本物の役者の仕事だよね。

演出面でも、後半の列車のシーンはハラハラドキドキの連続だし、二人の再会のシーンは心を揺り動かされる。

こういう映画をどんどん観て、人の心を揺り動かす演技を吸収してほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャクリーン・ビセット

Bisset070 昨夜NHK-BSでフランソワ・トリュフォー監督の『アメリカの夜』という映画が放送された。ジャクリーン・ビセットはこの映画に出ていたイギリスの女優で1970年代から1980年代に活躍した。もちろん今も現役でバリバリがんばっているようです。

美しいだけではなく、知的でエレガント。(実際にとても頭の良い人らしい)イギリス人だが、フランス語も話せて幼いころからバレエもやっていた。昨日「役者は顔やスタイルの良さじゃなく、個性や存在感が大事!」と書いたけど、こういうステキな女優を見ると、本当にため息が出てポーっとしてしまう。happy01heart04

顔やスタイルに自信がある人は、それをとことん磨くべし!でも、同時にしっかり勉強もして教養も身につけないとね。目指せ、知的エレガント女優!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

自分に磨きをかけよう

1年間は約52週間なので、毎週土曜日のソレイユの稽古は日曜の特別練習を含めても60回ほどしかない。
しかもマンツーマンの個人レッスンではないので、あとは日常をいかに過ごすかが重要になってくる。ぼんやり生きても
1日24時間。目的を持って読書したり、いい映画を鑑賞したり、歌や演技の練習をしても24時間。
どの世界・分野でも将来プロを目指す人は自分自身で努力をしている。(メジャーリーガーのイチローやプロゴルファーの石川遼選手など)
持って生まれた才能も磨きをかけなければ輝くことはない。みんなは
ダイヤモンドの原石。より多くの人々を楽しませ喜んでいただけるように、日々努力してほしい。自分を信じてね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

31回日本アカデミー賞

Kikikirin Motaimasako YoshioakahidetakaKobayashikaoru 

 

2007年に公開された日本映画の頂点を決める「日本アカデミー賞」が先日発表された。結果は……                                                                                                                                 

作品賞 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

最優秀主演男優賞 吉岡 秀隆 (「ALWAYS 続・三丁目の夕日」)

・最優秀主演女優賞 樹木 希林 (「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」)

・最優秀助演男優賞 小林 薫 (「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」)

・最優秀助演女優賞 もたい まさこ (「それでもボクはやってない」)

あらためて最優秀主演・助演賞を獲得した役者たちを見ると、決して美男美女ではない。(小林 薫は男前だけど、それを売りにしてはないよね)それどころか、女優陣はどちらかというと失礼だけど“ブサイク”という部類の方だろう。しかし、それでも女優として頂点に立てるのである。それは、確かな演技力があるからだ。だから、自分はかわいくない、自分はカッコ悪いから役者なんてムリなんて思う必要なまったくない。逆にそれを武器にするぐらいのあつかましさを持とう!

きっと、樹木希林さんも、もたいまさこさんも「女優になる」と言った時は周囲の人々から、反対されたり「お前なんかがなれるか」的な発言をされたと思う。でも、あきらめずに地道にやっていればいつか報われるのである。

大事なのは「自分を知ること」ではないかな?自分にできることは何か?自分の役割はなんだろう?と常に考えて、ひたすら努力すること。そうすれば、必ずその人にしかない「存在感」が出てくるから。

本物の役者の魅力は“容姿の美しさ”ではない。人間の「哀しみ」や「おろかしさ」や「どうしようもなさ」を観客に共感させる表現力だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

ホワイトデイ ストーリー 上演決定!

2月11日に上演した舞台『バレンタインデイ ストーリー』の続編『ホワイトデイ ストーリー』を3月22日(土)にメセナひらかた(枚方市駅から徒歩10分)で上演します。開演時間は未定ですが、お昼過ぎの予定です。『バレンタインデイ ストーリー』で脇にまわった登場人物が大活躍する物語になります。みなさん一人でも多くお客さまに観ていただけるように、しっかり宣伝して下さいね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

舞台とは……

Sha_2008223_028 舞台は、決して一人では出来ない。

出演する俳優、演出家・脚本家・舞台監督・照明・音響・美術・劇場関係者などなど

そして、なによりも劇場へ足を運んで下さる観客のみなさん!観客がいなければ舞台を上演してもただのリハーサルでしかないからね。観客あっての本番

わざわざ自分たちの舞台に貴重な時間を割いてくださる観客のために、出演する自分たちはできる限りの努力をしなければならない。それが舞台に立ち、拍手をいただく者の義務だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年3月 »