« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

11月のイベントすべて終了!…残すは合唱祭&ラスト公演

051

昨日は、菅原生涯学習市民センター「子どもまつり」に出演しました。「ミュージカル ウィリアム少年の夏」の歌をメドレーで歌う10分ほどのステージでした。

10分ほどのステージのためにわざわざイベントに参加した理由は、12月12日(日)開催の「2010 枚方市民合唱祭」に出演するためのリハーサルの意味もありました。

そして、12月26日(日)に菅原生涯学習市民センターで上演する『ミュージカル ウィリアム少年の夏【完全版】』宣伝とホールの下見も兼ねていました。

048

結果的には出演してとても良かったです!

ここにきて、やっと今のメンバーがまとまってきて歌声のボリュームがアップしてきました。今回は2名不参加でしたが、その穴を感じさせないくらい出演した7名は堂々とがんばっていましたね。個人個人の実力がアップしてきた証拠ですね。

056

ステージ終了後はジュースで乾杯。みんないい顔してます! happy01

でも、最後の振り付けを忘れたり、舞台の立ち位置がズレていたり…と今回も反省点はあります。もっと稽古しましょう! bearing

052

ソレイユのステージの後に出演したのは、「HIRAKATA シャイニーキッズ

彼らは昨年の暮れ12月に結成されてからやっと1年目のキャリアなので、合唱団としてはまだまだですが、ステージの本番を経験していく中できっと成長していくでしょう。…しかし、2週間に1回の練習では、上達するのに時間がかかると思います。毎週練習しているソレイユでも、歌えるようになるには時間がかかりましたから。 coldsweats02 note

059

ステージ終了後は稽古する予定でしたが、お祭全体のビンゴ大会があったのでソレイユメンバーみんなで参加。ホールにたくさんの人が集まってとても盛り上がりました。でも、ビンゴ!できたのは安部先生とSaori&Sayaの二人だけ。ビンゴはリーチになってからがむずかしい~! crying  crying  crying

055

これで11月のイベントがすべて終了しました。残すは「2010 枚方市民合唱祭」と『ミュージカル ウィリアム少年の夏【完全版】』最終公演のみです。

004

心配していたshineキャストshineもほぼ決定しました。 

前回の公演で号外人役を演じてくれたMinori先輩が引き続き出演してくれることになりました。さらにもう一人、ソレイユ史上最強メンバーの一人が出演OK!してくれたので、とてもおもしろくなってきました。 happy02 happy02 

024

前より小さいメンバーが多いけれど、今回はコメディの部分を意識し、観客にもっと楽しんで笑ってもらえるような作品にしたいと思っています。なんといっても2010年最後の公演ですからね。

007

キャストが変わってどんな作品に仕上がるのか楽しみ~!

034

寒くなってきたから健康管理をバッチリしてくださいよ。 good

038

先週の稽古には、安部先生のピアノの生徒さん、だいちゃんとその妹のさきちゃんが見学に来てくれました。二人ともソレイユメンバーたちの熱く真剣な稽古に驚いていたようですが、練習時間の最後まで見ていたのできっと楽しかったんだと思います。

これから本番まで稽古はもちろん、宣伝活動や準備などで大忙しになります。2010年の活動の集大成、全力を尽くしてがんばるぞ~~~~~! sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

秋の収穫祭終了! 収穫は…う~ん微妙

007

楠葉生涯学習市民センター「秋の収穫祭」のステージはなんとか終了しました。

今回はほとんど宣伝しなかったので、観客の数は今までで一番少ないくらいでしたが、出演者たちはみんなよくがんばったと思います。おつかれさまでした!

010

ソレイユのステージ時間が予定よりも短かったので、急遽、ぼくと安部先生が「前座」を務めることになって、15分ほどの一人芝居をやりました。

009

……が、やっぱり稽古不足で、内容は散々! 「失笑(しっしょう)劇場」と題して上演しましたが、「失笑」を通り越して「ドン引きsweat02劇場」になってしまいました。よくわからないまま観て下さったお客様には大変申し訳ありませんでした。sad

でも演じた本人はとても楽しかったし、稽古をすればもっとおもしろい一人芝居ができるような手応えを感じました。来年の目標は「ワンマンライブ」と勝手に決意しております。よろしくお願いします! smile

安部先生は、世界のクリスマスソングを特集してピアノの弾き語りで歌いました。ぼくの舞台でコチコチに固まってしまったお客様の心も安部先生の歌でなんとかリラックスしたと思います。……ホッ。 note  note  note

003

ソレイユは「ミュージカル ウィリアム少年の夏」のナンバーを歌うステージでした。夏の本番が終ってからいろんな場所で同じような内容のステージを続けているので、1回の稽古しかできませんでしたが、みんな自分の役割をしっかりやっていました。

004

舞台袖からの写真ばかりでごめんなさい!

006

試験前で2人参加できませんでしたが、残ったメンバーはいきいきと歌っていました。

次の日曜は菅原生涯学習市民センターのこども祭にHIRAKATAシャイニーキッズといっしょに出演。

12月12日(日)は「2010枚方市民合唱祭」出演。

そして12月26日(日)の「ミュージカル ウィリアム少年の夏【完全版】」と舞台が続きます。

終わりよければすべてよし!」といくかどうか……? happy02

011

秋の収穫祭の翌日は、楠葉生涯学習市民センター音楽室でドラムの練習。ドラムを叩いていると何もかも忘れてホンマに楽しい!まだぜんぜんへたくそだけど、そのうちしっかり叩けるようになってライブしたいなぁ~note

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

明日は楠葉生涯学習市民センター「秋の収穫祭」に出演

Ca3a0649

明日23日(火・祝)は毎年恒例の楠葉生涯学習市民センター「秋の収穫祭」に参加します。

本日、舞台の準備してきました。

プログラムには「ミュージカル ウィリアム少年の夏」上演と書かれていますが、明日はミュージカルナンバーを歌うダイジェスト版です。

明日の予定

13:00~「どぉみぃ~の失笑劇場!」 

出演 どうみつじろう

13:15~「安部り麻のクリスマスソングスペシャル!」 

出演 安部り麻

13:30~「ミュージカル ウィリアム少年の夏【歌のダイジェスト】」

出演 ミュージカルシアターsunソレイユ 

もし時間があまれば、観に来てくださったお客さまといっしょに歌や演技のワークショップをやる予定です。

楽しい一日になるように団員一同がんばります。よろしくお願いしま~す!

Ca3a0648_2

……今晩、練習しなきゃ。久しぶりの一人舞台、がんばるぞぉ happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

いいアイデアは突然浮かぶものです

ただいま、夜中の3時43分。ブログ更新しています。

P1140393

本日は、23日(火・祝)の楠葉生涯学習市民センター「秋の収穫祭」出演のための稽古をしました。

P1140400

「秋の収穫祭」のステージ内容(曲順やセリフなど)がなんとか最後までできてホッと一安心。

夏以降、少ないメンバーでさまざまなイベント出演が続いています。大変ですがこのような難しい状況の中、ひとつひとつを乗り越えていくのが楽しくもあります。

P1140412

いよいよ12月が近づいてきて今年最後のステージの準備をしなければいけません。12月26日(日)菅原生涯学習市民センターで予定している「ミュージカル ウィリアム少年の夏〔完全版〕」です。

しかしまだ足りない分のキャストが決定していません。困ったなぁ…このまま新キャストが決定しないと公演を延期しなければならない。

ソレイユを結成して10年。今まで公演を中止したのは昨年「新型インフルエンザ」が流行して学級閉鎖が起こっていた時期の1公演だけです。その時も菅原生涯学習市民センターでした。

中止に追い込まれた雪辱を晴らすために今年最後の公演場所を菅原生涯学習市民センターに選んだのに、またしても公演中止になるかも……。少しだけあきらめかけていました。

P1140416

だけどとってもがんばっている今のメンバーのためにもどんなことしてでも舞台上演しなきゃいけない!という気持ちも強くあります。

…どうすればいいんだろう。

P1140411

夜中お風呂に入ってそのままウトウト眠りかけていて突然ひらめきました。

「そうか、この手があったか!」と思わず心の中で叫んだ深夜3時半。

今まで考えつかなかったアイデアがやっと降りてきてくれました。

いかにも「演劇的な方法」で新たな「ミュージカル ウィリアム少年の夏」を創作できそうです。さて、うまくいくでしょうか?

またワクワクドキドキしてきました。この感覚があるうちはやっぱり舞台はやめられません。

夜が明けて、このアイデアを安部先生に話したらどんな反応があるだろう?納得してくれるかなぁ?楽しみ~

P1140410

よし、やれる!そう確信が持てたら急に眠くなってきました。お休みなさいcatfacesleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

初のワークショップに手応え!~すがらんど編~

今年はこども合唱劇団ソレイユ結成10周年の節目ということで、初めてのことにたくさん挑戦してきました。

5月にはショーが楽しめるカフェ「ソレイユカフェ」を営業し、10月には「セルシー キッズボーカルコンテスト」にも出場しました。

そして、先週の土曜日はこれまたソレイユの歴史上初となる「ワークショップ」を開催しました。

006

菅原小学校の「すがらんど」に招待していただいたのは今回で4回目ですが、今まではソレイユが歌のステージやお芝居を上演し、「すがらんど」のこどもたちは観客として舞台を観てもらうというイベントでした。

しかし、前回出演した時に、観客のこどもたちと「オー・ハッピー・デー」を練習して歌ったときに、上手に歌える子や踊りの上手な子がいたので、次に「すがらんど」に出演するときは、参加者全員でなにかやれたらいいな~と考えていました。

005

ちょうどこの日は小学校で歌のイベントがあって、そちらに出演しなければいけない人がいて、ソレイユメンバーも少なかったので、「ワークショップ」をやるにはグッドタイミングでした。

011

お昼の2時から開始して、終了時間までにお芝居が上演できるか?ということで10分以内の短い台本を書いて、こどもたち全員に配りました。

そして、役者班、衣装班、照明班、音響班にわかれました。

013

今回のお芝居は宇宙船内が舞台なので、衣装班の人には、登場人物の人数分のレインコートとビニールテープを渡し、宇宙服をデザインしてもらいました。

028

照明班の人には、幕開けの照明から、物語が大きく展開する瞬間などにスポットライトを当ててもらったりしました。

023

音響班には、キーボードに内臓されているさまざまな効果音を選んでもらって、「ここっ!」というタイミングで音を鳴らす仕事をしてもらいました。

021

役者班には、まずはセリフの読み合わせをやってもらい、ラストの結末も考えてもらいました。「すがらんど」の男の子たち、がんばりました!

022

「すがらんど」の終了時間が考えていたより1時間早かったので、創作時間はほとんどなかったけれど、それぞれの班が自分たちの仕事をがんばってやってくれました。特に衣装はとてもステキなデザインが出来上がりました。

025

衣装合わせをして、すぐにぶっつけ本番というあわただしい舞台になってしまいましたが、とにかくやれるだけやりました。

035

うまいぐあいに、小学校の合唱練習用の「箱馬」があったので、それを使わせてもらい「宇宙船スーパーウメボシー3号」のセットにしました。

054

あまりにも時間が足りなくて役者たちが台本を覚えられず、動きのある演技をつけてあげられませんでした。台本を見ないで演技できたら、もっとおもしろい内容になっていたと思います。…う~ん残念!

052

それでも、舞台を上演するためには演じる役者だけでなく、衣装や音響、照明、小道具・大道具などの美術などさまざまな役割があって、それらのすべてが協力することでひとつの舞台が出来上がることを知ってもらえたと思います。

046

今回初めてワークショップをやってみて、どれくらいの時間があればひとつの舞台ができるか感触がつかめました。

この経験を生かして、これからはもっといろんな場所でこどもたちを対象に「演劇ワークショップ」をやっていきたいと思います。やっぱり「演劇」は見ているより、自分たちでやった方が絶対おもしろいですからね。

040

次回もし「すがらんど」に出演依頼が来たときは、もっと充実した内容のワークショップがひらけるように準備を万全に整えておきますので、よろしくお願いします。今回参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

                     noodle

ちなみに、以前「すがらんど」で上演した「日陰の人 鰤斗下便子の青春!」を観た人が、いまでもにあれはおもしろかった!と言っているそうです。

あの当時はソレイユに芸達者で才能ある役者たちがいたので上演できましたが、今は再演はむずかしいかなぁ~。実は3部作として構想していたのでいつか「第2部」・「第3部」を上演できる日が来ることを狙っていますが……smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

明日は恒例の「すがらんど」で初のワークショップ開催!

明日は菅原小学校PTA主催のイベント「すがらんど」です。

これまで何度も歌のステージやお芝居を上演してきましたが、いつも演じる人と観客ではおもしろくないから、今回は「すがらんど」のこどもたちといっしょに短いお芝居を創作する予定です。

10分以内のお芝居を書きました。

タイトルは『スーパーウメボシー3号 地球への帰還』。happy01

ジャンルは近未来SF。

結末(オチ)は決めてないので、明日みんなで相談して書き上げます。その結末によって、悲劇になるかもしれないし、ハッピーエンドになるかもしれません。コメディになるかもしれないし、シリアスなドラマになるかもしれません。

どんな物語になるか楽しみ~!

舞台は役者だけではできません。

役者、照明、音響、音楽、舞台美術など班分けして、自分の仕事を責任もってやり遂げる。

みんなで協力して制限時間以内にお芝居を上演できるか?

とても楽しみ~!

今晩は12月26日(日)の『ミュージカル ウィリアム少年の夏〔完全版〕』にむけて、当日のホールとなる菅原生涯学習市民センターに行きました。

P1140333

ホールの真ん中を舞台にするので観客から360度観られることになります。観客と役者は目と鼻の先、観客同士もお互いに顔を合わすことになるでしょう。

P1140328

でも、ほんとはギターをジャカジャカ弾いて、大声で歌っていただけです。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

そろそろ新キャストで稽古開始

041

12月26日(日)上演予定の『ミュージカル ウィリアム少年の夏【完全版】』にむけて、新たな配役で稽古を始めました。

054

8月に上演した時より人数が少ないので、足りないキャストを補う必要はありますが、なんとかなるさ!

056

問題は、大人の役をどうするのか?今のメンバーの成長を信じて任せるか。それともプロの役者を呼んでくるか。もちろん今のメンバーでできるのが一番良いけれど、どうしても無理な場合もあるから。とてもがんばっているだけに少し悩みます。

020

歌は11月23日(火・祝)の『楠葉生涯学習市民センター秋の収穫祭』と12月の『ひらかた市民合唱祭2010』のステージに向けて、「ウィリアム少年の夏メドレー」の練習開始。

022

枚方市民会館大ホールの2階席の後ろまで声を届かせるためには、個人の実力がもっとアップし、本番ですべてを出し切れるようにならなければダメ。安部先生も気合いを入れて指導しています。

072

なんだかんだ言っても今年も残すところ1ヶ月半。病気やケガに気をつけて、楽しくいきたいものです。台本を手直しして、ミュージカルナンバーも増やし、前回以上の作品を上演できるようにがんばります。よろしくお願いしま~す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

本場の舞台はやっぱりスゴイ!

すでに東京から帰ってきていますが、「子どもミュージカルシアター」さんのミュージカルを鑑賞した翌日は、劇団T・P・Tの『おそるべき親たち」というお芝居を観ました。

Photo_2

大阪芸術大学の演劇学科で同じクラスだった友達が「すごいお芝居だから時間あるなら観るべきだよ!」と電話でおしえてくれたので、横浜見物の予定を変更して当日券を買って観ました。

Photo_3

観客席の前まで舞台が迫り出すように設置されていて、真正面、上手、下手の3方向から見るようになっているので、役者たちが目の前で演じてすごい迫力。ちなみにぼくは上手から見ました。

Photo_4

フランスの詩人で劇作家でもあるJ・コクトーの作品で、人間のすべての感情をむき出しにしてしまうようなお芝居。

役者たちは舞台上で演技合戦を繰り広げ、観客は目の前の緊張感の中で濃密な2時間を過ごすことになる。まさに「生もの」「ライブ」の醍醐味を堪能できる舞台。

……いやぁ、やっぱり一流の役者たちの演技はスゴイ。人間の本質、心の奥にあるエゴ、怒りや悲しみが観客の心にビシバシ突き刺さってくる。でも、悲惨な状況であればあるほど登場人物たちの姿が滑稽に見えて、セリフを言うたびに笑いが起こる。

これぞ「喜劇」!ただ楽しい物語が「喜劇」ではない。本当に上質な喜劇とは、人間の「愚かさ」「浅はかさ」「悲しみ」をさらけ出す物語だ。

どんなにステキな服を着て、化粧して、かっこつけていても、人間はどうしようもない状況も追い込まれる時、その人が本来もっている本性があらわれる。プライドも理性も無くして、ジタバタドタバタ右往左往(うおうさおう)する姿が喜劇なのだ。

Photo_5

▲「おそるべき親たち」出演者の女優さんたち。左から麻実レイさん、佐藤オリエさん、中島朋子さん。日本が世界に誇れる役者ですね。

麻美レイさんはうっとりするようなスタイルと美貌でその姿を見られるだけでもお金を出す価値があります。しかもすべてをさらけだす迫真の演技で観客の心をわしづかみ。

佐藤オリエさんは、静かに立っているだけですごい存在感。大げさなことは何もしないのに舞台上を支配しているような凄みが伝わってくる。「人間国宝」の域に達しているような「ザ・女優!」。

中島朋子さんは、実際の年齢より10歳以上も若い役を演じてもリアリティがある透明感のあるステキな女優さん。会ったらきっと誰でも恋してしまうんじゃないかなぁ。(少なくともぼくは恋しました)……きっとあと何十年かしたら麻実さんや佐藤さんように「shineオーラの塊shine」をかもし出すベテラン女優になるんでしょうね。

写真では、仲良く笑っている三人が、舞台では「迫真の演技バトル」を繰り広げる。…本当にお芝居っておもしろい。2人出演している男優さんももちろん素晴らしかったんですよ。

今回の舞台は、「人間とは?」「家族とは?」「愛とは?」…もしかしたら、すべてもろくて、何かの拍子にあっさりと崩れ落ちてしまうようなものかもしれない。そんなことを感じずにはいられない物語でした。普遍的なテーマなので、何百年経っても、どの世界で上演されても、きっと観客に多くのことを問いかけるでしょう。

思い切って東京に行ってよかった。たくさん勉強したし、たくさん刺激を受けたし、久しぶりに大学時代の友達にも会えたし。

文化芸術の本場の空気を吸って、最先端の演劇を見なければいけない。これからはもっと頻繁に行こうと思いました。もちろんソレイユの12月の本番に向けてがんばります!sun

Livepreview_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »