« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

3月最後の稽古は熱く燃えました!

120

忙しくてなかなかブログ更新できなくてすみません!

3月最後の稽古は26日(土)にいつもの稽古場でおこないました。

116

大地震が発生してから以降……

メンバーたちと元気に歌やお芝居の稽古ができることが今まで以上に幸せに思えます。ニュースによると、震災で家族を失った「震災孤児」が何百人もいるようです。

101

8月上演を目指してただ今稽古中の『ミュージカル 最後の一葉 2011』の登場人物は、戦争で家族や住む家を失った「戦災孤児」が主役です。

今から66年前の1945年当時の日本は、戦争に負けて、町は空襲で破壊され、多くの人々が命を落としました。生き残った人々は家や財産をすべて失い、どん底からの再出発だったはずです。

085

26日は物語の冒頭場面を何度もくり返し稽古しました。

戦争が終わって生き延びたけれど、その後の日々を生きていくためには自分で食べ物や住む場所を見つけなくてはならなかった。家族を失った「戦災孤児」たちの生活や気持ちを少しずつ理解していかなければなりません。

094

主人公の幸恵、美子、珠江たちが登場する場面。

実際に上手の舞台袖で数分間足踏みをして、汗かいて疲れた状態になってから登場してもらいました。そうすることによって、セリフ・動き・役の気持ちすべてが変わってくるから。

089

役の上でケンカしたりや言い争う時には遠慮せずガンガンやり合う。でも、稽古が終われば仲良しに戻る。お互いに信頼し、最高の演技を引き出し合うこと。

106

これからはますます体力的にもハードな稽古になっていきます。汚くなってもいい服装の用意。稽古前にしっかりストレッチをやってケガをしないように!

058

早くキャストを正式決定したいところですが……もう少し様子を見て、さまざまな可能性を試してみます。さて、「2011バージョン」のキャストは???

108

ミュージカルナンバーも少しずつ覚えてきました。

「絵里華の告白」「最後の一葉 メインテーマ」、「笑わせないで!」、「ぼくの夢」、そして「最後の一葉が散るとき」の稽古に入りました。全員がすべての歌をソロで歌えるようになってください。

118

最後はソレイユメンバーで作った「ハートマーク」写真。震災で今も大変な思いをしている被災者のみなさんへ心を込めて……

「ミュージカル 最後の一葉 2011」は戦後の焼け跡から復興を遂げた人々の話でもあります。このミュージカルを上演することによって、震災で傷ついたみなさんが少しでも元気になっていただけたらと願います。

sunソレイユ魂sunを込めてがんばろうっ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

「ミュージカル 最後の一葉2011」に向けて稽古再開!

033

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を考慮し、翌12日の稽古は休みましたが、19日は「自由参加・4時完全終了」というかたちで稽古をしました。

まずは、地震でお亡くなりになった多くの犠牲者を悼んで、稽古を始める前にメンバー全員で一分間の黙祷を捧げました。みんなで真剣に祈りました。

006

一人だけ都合で不参加でしたが、それ以外のメンバーは全員元気に稽古に来てくれました。 happy02

メンバーみんなの顔を見て、なんでもない平凡な日常生活がどれだけ幸せなのか……つくづく感じました。

大きな被害に遭うことなく生き残った自分たちは、生きていることに感謝し、精一杯努力をしなければいけない!と思います。

と同時に「一瞬先は闇」、もしかしたら自分だって被害に遭うかもしれないと常に忘れてはいけないということです。

だから、もし稽古中に大きな災害が起きた時は、

どこに避難するのか?

先生たちに何かあって動けなくなったら自分たちで協力して逃げる、

など、「自分の身は自分で守る」ことの大切さを話しました。

そして、稽古場の共同トイレを使う時の注意もしました。

地震が起こる数日前に、スーパーのトイレでこどもが殺された事件があったからです。

稽古場のトイレに誰がひそんでいるかわかりません。

・トイレは稽古前に先生が確認する

・一人ではトイレに行かない。誰かと一緒に行く。

・もし何か不審な点があればすぐに先生に言う。

怖いことばかり考えてても仕方ありませんが、現実に起こっている事件がたくさんあります。目を背けたり、隠したりするより、しっかり話し合って、被害に遭わないように日々注意することが必要だと思います。 flair

みなさん、くれぐれも気をつけてください。

さて、19日の稽古は短かったですが、その分集中して充実した内容でした。

011

ついに「ミュージカル 最後の一葉 2011」の稽古に突入しました。まだ主要キャストは決定していませんが、稽古をしているうちに自然に決まっていくでしょう。 smile

026

今から66年前の1945年、終戦後の焼け跡の中で生きるために必死に食べ物を探してくるこどもたちの場面を稽古しました。

024

台本をよく読み、登場人物のセリフと行動から、人物ひとりひとりのキャラクターの違い、人間関係などを推理して、すこしずつ役作りをしていきます。

023

セリフで話していることだけでなく、心の中では実は何を考えているのか?そういうところまで推理できるようになると演技はとても楽しく、奥深いものになります。

016

演技だけでなく歌はもっと大切です!

セリフ+歌ではなく、

セリフが自然に歌になっていく……

演技と歌の“境界線”がなくなることが究極の目標です。note

そのためには歌うようにセリフが話せるように、

セリフを話すように歌えるようにならなければいけません。

019

他人の痛みや悲しみを、自分の痛みや悲しみとして感じられるか…

自分の演じる人物の気持ちを、自分の気持ちとして受け止められるか…

役になりきる」ということはそういうことだと思います。

027

「役になりきる」ことができれば、台本に書かれていないセリフも口から自然に出てくるし、自然に自由に動けるようになります。だって本人なんだから。

役の身になって感じ、考え、動くことができるようになるには、まずはしっかり台本を何度も読むこと、そしてその人をあらゆる面から分析し、その人を取り巻く環境や時代背景なども研究することです。

……むずかしいですよね。でも、それが「演技」の楽しさなんですよ happy01

Ca3a0039

2008年組の出演者たちが稽古している同じ場面。戦争中の写真を見たり、本を読んだり、「すいとん」を作ってきてくれたのを食べたり、終戦直後の日本を勉強し、戦争の悲惨さや愚かさを知るきっかけになったと思います。

Sha20080628_023

今回の公演は、地震で被災した人々に生きる希望を少しでも与えられるようなミュージカルにしましょう!

最後の一葉のテーマ

誰かが誰かのために生きている

あなたも そしてわたしも 道ばたの名も無き花も

風に吹かれる 無力な蔦の葉も 

生まれるべくして 生まれた命

だから生きていこう どんなに悲しくても

だから生きていこう どんなに苦しくても

生きるよろこびを感じるその日まで

幸福(しあわせ)を感じるその日まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

みんなで協力しましょう

おはようございます。

震災後、さまざまな影響が出て、いまだに今後のことがわからない状況が続いています。

関西に住む私たちには義援金や物資を送ることぐらいしかできませんが、可能な限りの支援をしなければいけません。

雪が降ってきました。

被災地の人々の状況を考えると……これ以上何も書けません。

とにかく、一日でも早く復興の兆しが見えることを祈るばかりです。

まだまだ余震など続いています。皆さんくれぐれもご注意下さい。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

本日12日の稽古は中止します

おはようございます。

今朝9時過ぎにソレイユメンバーのみなさんにはメールでお知らせしましたが、

本日12日(土)のソレイユ稽古は中止します。

昨日発生した大地震の影響は関西地方では今のところありませんが、数日間は様子を見た方が良いと判断しました。

みなさん十分に注意してください。

自宅で歌の練習、演技の練習、ダンスの練習してください。

そして、命の尊さ、自然の力の脅威、何も起きない平和な日常のありがたさ、いろんなこと考えてほしいと思います。

災害はいつ、どこで、どんな規模で発生するかわかりません。

他の地域で起こったことでも、常に自分のこととして受け止めなければいけないと思います。

あらためて、災害が起きたときの避難場所や、食料の確保、家族との連絡など、確認して下さい。

来週は通常通りレッスンします。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

大きな地震 いざという時に何をするべきか

本日の午後2時半過ぎに東北地方で大きな地震が起きました。

現在も津波や火災で被害が広がっています。

明日はソレイユの稽古日ですが、

もし稽古中に関西で大地震などの災害が発生したら……

保護者との連絡は?

避難場所の確認は?

もしけが人が出た時の対処は?

ソレイユメンバーは全員、小・中学生のこどもたち。

その子たちの身を預かっている私たち指導者の責任は重大です。

常日頃からこのような事態が起こった時の対処や連絡方法などを確認・訓練しておく必要があると痛感しました。

天災は予想できません。そして人間にはどうしようもできないものです。

だからこそ、被害を最小限に食い止める準備をしておかなければなりません。

今もなお、津波や余震が起きている地域で多くの人々が大変な思いをされています。これ以上被災者が増えないことを祈るしかありません。

不幸にもお亡くなりになった方々のご冥福を心からお祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

どうすれば泣けるのか?

前回の稽古では、「泣き」の演技についても考えてみました。 crying

役者なら避けて通ることができない演技のひとつ「泣き」。 weep

Crying

大勢のスタッフ・キャストに囲まれ、撮影用のカメラや照明などの前で泣かなければいけない時、どのようにすれば自然に泣けるのか?

プロの役者でも難しく、わざとらしい「うそ泣き」になってしまうものです。

では、日常生活で「泣く」時はみなさん、どうしているでしょう?

そこに「泣く」演技のポイントがあります。 flair

人間はある程度大人になると、人前で泣くことをしなくなります。

人前で泣くのは「恥ずかしい」という気持ちが無意識に働くからでしょう。

それでも、家族や親しい友達が亡くなった時など、激しい感情が沸き起こり、その感情を抑えようとする理性を超えてしまうと、大人の男でも、老人でも号泣してしまうものです。 bearing wobbly despair shock

誰も泣きたいと思って泣くわけではないのです。

本当は泣きたくないけど、涙が溢れてきてしまうから泣いてしまうのです。sweat02

だから、「annoy泣きたければ泣きたくない!annoy」と必死に抵抗することが大切です。

たとえば、家族のように大切に育てていたペットが死んでしまった場面。 

大好きだったペットとの数々の思い出を考えて泣き出す主人。

その時に泣こうと努力する人がいるでしょうか?

努力している時点で、その人の頭の中(心の中)は、泣こうとする自分の姿を冷静に見ている自分がいるでしょう。これでは泣けません。 pout

人間が泣くときは「思わず」泣いてしまうのです。この「思わず」が大事です。

「笑い」や「怒り」も同じです。 happy02    angry 

人間は「思わず」笑うし、「思わず」怒るのです。

笑いたくないけれど、どうしても笑えてくるから笑ってしまう

怒りたくないけれど、どうしても頭にくるから怒ってしまった

「うそ泣き」や「作り笑い」などは、最初から「泣こう」「笑おう」と用意されているからその「うそ」が見えてしまうのです。テレビドラマなどでヘタな俳優が演じているシーンをよく見るでしょう。

では、どうしたら「思わず」泣けるのか?

人間の脳は正直だから、一度泣いた時の記憶を覚えています。だから以前泣いた時の状態を再現してみてください。

ぼくが泣くときは、

①呼吸が乱れる。

②鼻の頭がツーンとしてくる。

③呼吸が乱れることによって、肩が揺さぶられ、お腹(腹筋)がビクビクする。

④唇や奥歯を食いしばる。

⑤手をグッと握りしめる。

⑥手で目頭を押さえたり、頭を抱えたり、口元を押さえたりする。

⑦呼吸を少しの間(約10秒ほど)止める。

上記のようなことをしていると、以前泣いた時のことを覚えている脳が勝手に反応して自然に涙が出てきます。

涙が出てきたら、出てこないようにがんばる。がんばればがんばるほど涙は後から後から出てきます。

悲しいことを考える必要なんてありません。ただ上記の①~⑦のようなことをするだけで泣けます。

みなさんもやってみてください。

どうですか?涙が出てきましたか?

同じように「笑い」や「怒る」時の演技にもトライしてみてくださいね。

プロの名優には、「……用意、3・2・1、ハイッ」で大粒の涙をこぼすことができる人もいます。そして「カット!」の声で、ケロッと笑って、次のシーンの撮影。

真の役者は怖いですね~。smile

人ぞれぞれ泣き方があると思うので、自分なりの「泣き」や「笑い」「怒り」などのツボを発見してください。そのツボを自由自在に操れるようになれたら、あなたもプロフェッショナルになれるかもしれませんよ! sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

3月最初の稽古はステキな一日でした

P1150455_2

3月最初の稽古はソレイユメンバー全員集合。

プラス、ファミリーメンバーが久しぶりに顔を見せてくれました。

P1150478

ソレイユ卒業メンバーで、昨年の夏の10周年記念公演『ミュージカル ウィリアム少年の夏』にもゲスト出演してくれたAinaさんが高校受験に合格したことを報告に来てくれました。おめでとう!!

P1150480

せっかく稽古場に来てくれたのに、ただ見学しているのはもったいないので、急遽練習参加してもらいました!

P1150498

かつてはソレイユの中心メンバーとして大活躍していたAinaだから、アイコンタクトレッスンにもすぐに対応。「なつかしい~!」と言いながら、現役メンバーよりも上手にやっていました。

P1150479

今日もおもしろい練習をたくさんしました。

簡単な振り付け(でもちょっとひっかけあり smile)をみんなの前で披露して、間違わずにできたら周囲の人はしっかり心から拍手をする。

P1150484

拍手の仕方次第で、その感動の大きさを表現できます。どのように拍手をすれば相手に(観客に)伝わるのか考えることも演技のひとつです。手の動かし方、音の鳴らし方、視線、顔の表情、など「最高の拍手」ができるようになってください。

反対に、振り付けを途中で間違えたら、周囲の人は即座にヤジや喝(カツッ!)を入れることにしました。いわゆるブーイングですね。

P1150499

このブーイングも慣れてないとなかなかできないものです。他人に対して面と向かって批判することなんて実生活ではないでしょうからね。でも、ここソレイユは演技の勉強をする場所なんで、そういう役を演じる以上、ブーイングする時にできないとNG!になってしまいます。

実際にやってみて、今まではミスしても笑って済まされていたことが、みんなから容赦ないブーイングやヤジが飛んでくることによって、格段にミスが減りました。

P1150496

誰だって失敗してブーイングされたくないから、それだけの緊張感を持って取り組めば結果は全然違ってきます。ふだんの練習からこういった雰囲気で練習していかないとレベルは上がってきませんね。

お互いに注意したり、逆にアドバイスをしたりして、稽古場の空気を変えていくことが大事です。ぬるま湯に浸かっていても何も上達しませんからね。

P1150488

今日、久しぶりに稽古参加したAinaにも、みんなと同じことやってもらいました。もちろん失敗したら大ブーイングされる条件で。

「…いきなりでそりゃないでしょ!」と拒否することもできるはずだけど、彼女は逃げずにみんなの前でやってくれました。もちろん一発オッケー。さすがです!

P1150464

同じことをセリフでもやりました。その場で考えたセリフをアイコンタクトした相手に伝えるだけですが、そのセリフはどんどん増えていきます。

「出て行け!」から始まり、

「おまえなんか出て行け!」になり、

「おまえなんか早くここから出て行け!」、さらに

「こんなことできないなら、お前なんか早くここから出て行け!」

…と、こんな感じです

セリフはその場で口頭で伝え、すぐにスタートするから大変です。覚えられなくてつまったり、セリフを噛んでしまったら、即座にきついブーイング!が飛んできます。

ソレイユメンバーの最年少Narumiは大きなお姉さんたちと同じことをやっています。そこで、彼女にはちょっと難し過ぎるかな~と思い、「ちょっと外れていなさい」と言いました。ところがNarumiは「やる!」と言って絶対に外れませんでした。……その言葉と態度にちょっと感動!(いや、かなり)根性出てきましたね。

Narumiは、歌もすごく上手になってきたと安部先生がほめていました。

P1150493

次回公演の「ミュージカル 最後の一葉2011」では、とても重要な役を演じてもらう予定ですが、彼女のためにきっとソロの歌も用意することになるでしょう。

P1150462

この二人、Kanako&MIsatoもどんどん良くなってきました。主役クラスを演じる人は、演技力や歌唱力はもちろん必要ですが、何よりも大切なのは存在感です。

ただ立っているだけで絵になる。物語の中心として開幕から終幕まで観客の心をつかんで離さないためには、そういう「華」がないと務まりません。

P1150460

左右の足にバランス良く乗っかって、お腹を引っ込めて、肩の力を抜き、首を長くして立つ。当たり前なことなんですが、実はこれがとても難しいのです。大きな鏡で常に自分の立ち姿をチェックすることが大切。立ち姿が自然で、美しければ存在感は出てきます。

P1150500

本日の稽古のシメは、「絵里華の告白~最後の一葉のテーマ」をソロとコーラス隊に分かれて歌いました。

P1150507

次回の公演はできればキャストを2グループ作って、2回公演したいと思っています。歌の世界を声だけでなく演技で表現できるようになってください。

P1150511

2008年の初演にただ一人出演したAmi。歌の練習とてもがんばっていたようです。

P1150520

初演で絵里華を演じたのはAina。なつかしい思い出がたくさんあります。

P1150523

恒例集合写真。ポーズはAina考案。このポーズは今の彼女のブームらしいです。みなさん今日もおつかれさまでした~!

P1150524_2 

練習から帰ってきて、晩ご飯の後のデザートは、プリン(ハート形heart04)とアイスクリーム。どちらも自家製。作ったのはもちろんぼくですよ。安部先生はそれを食べる役専門。久しぶりに作ったけれど、なかなかおいしかったです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

2月最終練習 無事終了! つづき

前回からのつづき。

P1150435

2月最後の全体練習は午後4時半に終了。この日はかなり何度も歌い、踊ったレッスンだったので、みんなお疲れでした~。

でも、それから5時までの30分間は炎の個人レッスン。

P1150441

今、ある目標に向かってレッスンを開始しているSaya。

今回の課題曲は、伊藤由奈さんの『ENDLESS STORY』(エンドレス・ストーリー)

Photo

歌っている動画を見たい人は↓アドレスをクリックしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=9Sw9Dg9IN3Q

この歌は、2005年公開の映画「NANA-ナナー」の劇中歌でした。とてもスケールの大きなバラードで、何度聴いても感動します。

Nana

大ヒットした歌なので、ソレイユでも一度取り上げたことがあります。

Uvs0803110012

当時のメンバーたちで、曲に合わせたイメージビデオを稽古場や淀川河川敷で撮影しました。とてもなつかしい思い出の曲です。

P1150444

ソロで歌うことに挑戦するSayaは、昨年暮れの「ミュージカル ウィリアム少年の夏【完全版】」で主人公のウィリアム役を演じてから、歌唱力がぐっと伸びて、もともとあった演技力と合わせると、将来がとても楽しみなタレントです。

P1150443

今の彼女なら、歌唱力や表現力のレベルで他の人たちに引けをとらないと思います。英語の歌詞の部分などは、英語が得意な安部先生に発音を習っていますが、とても素直なので、すぐにマスターしました。あとは本番でミスらないように何度も何度も歌い込むだけです。きっと緊張するだろうからね……

3月26日の本番まであと数週間。それほど練習回数ありませんが、やれるだけやりましょう!

P1150445

レッスン終了後は、ソレイユファミリーのMinoriさん&Sakikaさんといっしょに大阪のなんば花月まで「よしもと新喜劇」を観に行きました。

たまたま招待券を4枚いただいたので、二人に急にお願いして付き合ってもらいました。

P1150446

観劇前にあわてて晩御飯いただきました~。中華

P1150447

夜の公演でしたが、ゲスト出演者にコメディ界の帝王小松政夫さんが出演していたからかほぼ満席状態でびっくり!かつて一世を風靡したギャグを披露してくれて、昭和の時代を知っている人たちは大喝采でした。

Photo_4

小松政夫(こまつまさお)さん。69歳ですが、まだまだ現役バリバリのコメディアンです。

Photo_5

♪しらけ鳥飛んでゆく南の空へ ミジメ ミジメ~ (生で見れて大感激!)

Photo_2

偉大な映画解説者 淀川長治さんのものまね。(絶品です!)

でも、ぼくたちがこどもの頃に大流行したギャグなので、バリバリの平成っ子であるMinoriさんやSakikaさんにはまったくピンとこなかったようです。そりゃそうだよね、30年以上前だもん。

でも、そのギャグを今でも人前で披露し、多くの人々を笑わせ、ハッピーにしてしまう小松政夫さんはスゴイ人だと尊敬します。ありがとうございました!

P1150448

終演後の記念写真。…はずかしそうな3人にムリ言いました。ゴメンナサイ。

とても楽しい時間でした。ソレイユ卒業メンバーとこうして舞台公演以外で会ったり、遊んだりすることは先生たちにとってもうれしいことです。

みんながもっと成長して20歳を過ぎたら、もちろんコレ!→ beer bar wine happy01 

そこまでつながりがある人はなかなかいないかもしれませんが、いつの日か同窓会のような食事会でもしたいものです。まぁ……夢ですね~ confident confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

2月最後の練習 無事終了!

P1150366

先週の土曜26日は2月最後の練習でした。

P1150404

「ブラック・オア・ホワイト~ソレイユバージョン~」の新しい振り付け部分を練習し、ソロで歌うパート分けもしました。

P1150402

何度もくり返し練習することによって、以前よりグッと良くなりました。

どんなことでもくり返し稽古することによって、いらない余分な動きが削られていき、精神も集中していきます。それが本当の稽古です。

P1150406

終了した時にはほとんどの人が汗をかいて「あつい~!」と言っていましたが、ダンスの練習なんだから汗かくのは当たり前。でも、みんなスッキリしたいい顔していました。 happy01

でも一番大切なのはです。

どんな良い歌詞の内容でも、それを歌う人に説得力が無ければ、ただの絵空事(えそらごと)になってしまいます。まずは、歌う人本人が歌詞の内容をよく理解し、それを聴く人の心に届くように歌わなくちゃね。

それには、まずは誠心誠意、心を込めて一所懸命歌うしかありません。それに尽きます。 heart04

P1150429

この日は、他にもおもしろいことをしました。いつもはただ「アアアアア~」で発声練習していますが、今回はその音階に歌詞をつけてみました。

P1150373

あいしてる~

 きみのこと~

  むかしから~

   えいえんに~

    これからも~

     はなさない~

      こころから~

       だきしめて~~~~~~~~~~note

半音ずつ上がっていって、声の迫力も終わりに近づくにつれて大きくなっていき、最後はどこまで伸ばせるか、伸ばせるだけ伸ばして終わり。

単に「アー」で発声するより、言葉がハッキリと観客に届くための「かつぜつ」の練習も含まれています。

5文字なら他の言葉でももちろんオッケーなので、おもしろい歌詞をつけてみるのも良いでしょうね。

たとえば……

カレーパン~

 ちらちずし~

  ハンバーガー~

   おみそしる~

    しおらーめん~

     たべたいな~~~~~~~note    smile

今回のテーマは「愛の告白」バージョンといったところでしょうか……。ミュージカルやオペラでは、歌いながら愛を語らう場面がよくありますからね。

P1150423

さらに「ミュージカル 最後の一葉2011」のメインテーマの練習。

今回は一人がメロディーを歌い、他のメンバーがコーラスパートを歌いました。ソロの人は大人数のコーラス隊の声に負けないように、そしてつられないようにしっかり歌うこと。

コーラス隊はメインボーカルの声を邪魔しないように、どこまでも美しい声でメロディーを包み込むように注意すること。

P1150415

安部先生に即席(そくせき)でコーラスパートを作ってもらいましたが、美しいコーラスによってメインテーマの世界が広がりました!まだ未完成ですが、きっとさらにステキなメインテーマに生まれ変わると思います。期待してますよ!

P1150437_3 P1150438

P1150436

全体練習終了後はお約束の集合写真。

ピースscissors写真禁止のソレイユでは、撮影ポーズにもアイデアが必要。

舞台に立つアーティストである以上、一般人とはどこか違う表現が瞬間的にできるようになることも訓練のひとつ。

表情、目線、立ち方、手や足の見せ方、表現は無限にあります。カメラを向けられたらピースしかできない人にならないで下さいね。 wobbly wobbly 

この後のことは次回のブログで………delicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »