« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

いよいよ2011年の最終月に突入だぁ~!

今日で11月が終わり、明日からは12月ですね。

いろいろなことが起こった2011年ですが、締めくくりの1ヶ月をしっかり生きて、2012年につながるようにしたいと思います。

まずは、12月10日の女声合唱団ロザのリサイタル。ゲスト出演を依頼してくださったロザさんのためにも最高のステージにしましょうね!

そして、今年のソレイユ稽古最終日である24日のクリスマス会。みんなでnoteカラオケ大会noteを開催!

衣装やメイクもバッチリ決めて、annoy本気モードannoyでいきたいと思っています。出演者のみなさんの協力が不可欠なので、歌う曲を考えてくださいね。一人必ず1曲は歌いましょう。歌謡曲・ロック・ポップス・ソウル・演歌・フォーク・ソレイユで覚えた歌、校歌、他なんでもありですからね~。

入賞者には豪華賞品を用意しますから、実力でゲットしてくださいよ~!

↓2009年のクリスマス会&忘年会の様子 xmas

044

歌あり……

074

ダンスあり……

095

漫才あり……

065

プレゼントあり……

111

賞品をゲットした人もあり……

115

こうやって振り返ると2009年当時のメンバーもやっぱりスゴイね。

さて、今年のshineラストデーshineで笑うのは誰だ!? present present present

                    

そして、年明け最初の稽古日は、毎年恒例のを予定しています。

今のところ、前々回にお参りした清水寺→八坂神社コースにしようかなぁ~と計画しています。清水寺では、ある意味きもだめしより怖い胎内くぐというのもありますし……shock shock 

清水から八坂までは、たくさんのおみやげ屋さんや食べ物屋さんが並んでいる観光地なのでとっても楽しい所ですよ~。

12月はみんながバタバタあわただしくなる季節なので、交通事故や病気・ケガなどにならないようにいつも以上に注意してくださいね。

終わりよければすべてよし ←この時期の合言葉ですね happy01

さぁ、2011年をビシっとシメましょう!よろしくお願いしま~す sun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

「ういろううり」完全マスター目指して稽古中!

ソレイユの演技レッスンでういろううりに挑戦を始めてそろそろ1ヶ月が過ぎようとしています。

一週間に一度の稽古で、「ういろううり」ばかりに時間を費やすわけにはいかないのでまだまだ最初のくだりを覚えていますが、メンバー全員がshine完全マスターshineすることを目標に少しずつ前進しております。

▲ユーチューブにはいろいろな「ういろううり」の動画がアップされていますが、ソレイユで使っている台本に一番近いのを載せておきますね。どんどん練習してください!

現在ソレイユには小学2年生(次週から小1も増える予定)から高校1年生までのメンバーがいますが、「ういろううり」の暗唱トップを走っているのはなんと小学2年生のReetan

1029_198

▲身体もご覧の通りやわらかいんですよ~ coldsweats01

前々回の稽古(11月19日)で「うりろううり」の発表をした時に、みんなの前で堂々と発表し、ベテランや年上のメンバーたちを驚かせ、かなりのプレッシャーをかけました。

Reetanの姉妹であるMeetan&Tantanも課題をクリアしていましたが、年齢を考慮するとやっぱりReetanが今のところshineshineでしょう。

「ういろううり」に挑戦してみようと考えた時は、小・中学生にははむずかし過ぎるかな?と心配しました。ぼくだって覚えたのは大阪芸大の演劇科に入学して専門的に勉強を始めた時だったしね。

一番最初に「ういろううり」の発表した時(11月12日)は、ほとんどの人が最初の数行のセリフを完璧に言うことはできませんでした。完璧だったのはMinori先輩くらいだったかな。

「まぁ、そんなもんだろう、みんなよくがんばったよ」と心の中でチャレンジしたことに拍手していました。

でも、Reetanの心の中は違っていて、きっと途中でミスった悔しさや腹立たしさでいっぱいだったのかもしれません。

次の週の稽古で「ういろううり」の発表をした時には、課題を完璧にクリアし、見事リベンジを果たしました。

1029_531

この人の度胸と集中力には本当にびっくり!

でも、他のメンバーがこのまま黙っていないはず。きっとReetanを超える完成度の高い「うりろううり」を披露すると信じています。

表現力でいえば、

1029_393

Sakikaの表現のおもしろさは群を抜いています。

Ayakaだって落ち着いてトライすれば必ずできるはずだし。

1029_280

Yuriはきっと根性でマスターするでしょう。

1029_484

Saoriだって先輩としてプライドをかけてがんばるでしょう。

1029_354

そういえば、稽古をほとんど休まない人で有名なSaoriが先週の稽古を休みました。理由を聞いたらちょっと笑いましたが smile 

でも、妹のNarumiは一人で稽古参加。この人も実はかなり頭が良さそうです。「ういろううり」も毎回覚えてない!と言うわりには、発表の時にほとんど言えてるんですよね~。

1029_182

今のところほとんどノーマーク状態ですが、最終的にはこのNarumiがトップで「ういろううり」をマスターするかも……なんて予想をたてたりしてます。

もちろん他にも強力なメンバーがいるので、最終的に誰が一番に「ういろううり」を自分のものにするかはまったくわかりません。

ただひとつわかったことがあります。

それは、こどもだからムリとか、幼いから出来なくて当然だとか、大人が勝手に判断してはいけないってことです。

こどもだって、いやこどもだからこそ、大人ができないことを軽々とやってのけることがある。

こどもたちの能力の高さ、その無限の広がりを信じて、とことんサポートして伸ばしてあげるのが大人の役目。

「ういろううり」だって覚えたからってどうってことないかもしれません。でも、言えないよりは言える方が良いし、これを全部暗唱できればそれはすごい自信になると思います。だって「うりろううり」を全部暗唱できる人は日本全国民のうちのほんの数百人のはずですから。そのうちの一人になるってことはスゴイことですよ!本当に。

これから中盤~後半に向かって怒涛の早口言葉パートに突入します。そこからが本当の意味で「ういろううり」のおもしろさとスゴさを知ることになります。

みんなで偉大なる先人が残してくれた文化的遺産を引き継ぎ、さらに後世の人々に伝えていく役目を果たしましょう! sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

2011年ラストステージを成功させるためのレッスン

Pb260281

11月の最終レッスンは昨日無事に終わりました。

いよいよ残すは12月10日(土)の女声合唱団ロザのリサイタル。ソレイユはそのコンサートのゲストとして呼んでいただいております。

いろんなことがあった2011年のシメとなるステージを成功させるために、コンサート用のプログラムを考え、みんなで稽古しました。

201111263soleil

最近入団したメンバーも即戦力として、どんどん曲を覚えてもらっています。みんな覚えが早いし、積極的に取り組んでくれるので助かります。

201111262soleil

ソレイユでは、前からいるベテランも新入りも、大きい子も小さい子も一緒になってひとつのことに取り組みます。先輩は後輩にいろいろ教えてあげることで自分も成長し、後輩は先輩たちの背中を見て少しずつ成長していきます。

201111265soleil

今回のステージはあくまでも主役である女声合唱団ロザさんの盛り上げ役。

でも、コンサートの途中20分ほどの時間で自分たちの実力を存分に発揮できるようにがんばりましょう!

プログラムは、ソレイユオリジナルミュージカル2作品、「ミュージカル ウィリアム少年の夏」と「ミュージカル 最後の一葉」の中から数曲ピックアップして歌わせていただきます。

201111264soleil

「ミュージカル ウィリアム少年の夏」からは久しぶりに歌う曲もあるし、曲そのものを知らない人もいるので、個別にレッスンを開始!…開始といっても、本番まではあと1回しか稽古日はないんだけど、みんなの実力なら2週間あれば余裕のよっちゃんのはず。

201111267soleil

それぞれ自分の任されたパートを責任もってやりきってくれると信じてます。

201111268soleil

▲昨日は一番大きな稽古場だったので、各自で自分なりのレッスン。この写真の奥ではSakikaが自分の歌の振り付けを考えています。

201111266soleil

ステージパフォーマンスに完璧という言葉はありません。今の時点の出来に満足していてはそれよりもっとうまくなることはないからです。

振り付けの動き、角度、早さのタイミング、その他さまざまな点でさらに進化を目指してほしいですね。観客を心から感動させるパフォーマンスができるようになるには、もっともっと努力し、自分自身に厳しくなる必要があります。

201111269soleil

でも、舞台の稽古は楽しくなくっちゃ意味がない。世の中で舞台の稽古ほど楽しいものはないんだから。

みんなで意見を出し合いクリエイティブな活動ができることの喜びを知ってほしいですね。人間は自分とは違う人たちとのかかわりの中で成長するものです。お互いがお互いの存在を認め合い、相手の意見もしっかり聴いて、自分の意見も主張できるようになることが大切だと思います。

20111101

そんなぼくも11月から自分自身をもう一度鍛え直すため、別の日に個人レッスンを開始しました。ちょうど条件の良い稽古場を発見したのですが、なんとそのレンタルスペースの名前が「ソレイユsun」!…不思議なを感じずにはいられません。

来年になったら、大人たちや、本気で役者を目指す人、芸大などの受験生と一緒にレッスンする本格的なクラスを始める予定です。

さて、どんなお芝居に取り組むかは………まだ未定ですが、ソレイユではできないような大人の芝居がやりたいですね~  smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

ソレイユカフェ無事営業終了! お越しいただいたお客様本当にありがとうございました

Pb230278

昨日23日(水・祝)楠葉生涯学習市民センター秋の収穫祭で、ショーの楽しめるお店ソレイユカフェを営業させていただきました。 cafe

天気予報は雨でしたが、昼過ぎまでは秋晴れの天気で、前回ほどではありませんがたくさんお客様がお越し下さいました。みなさん本当にありがとうございました!

Pb230280

ソレイユメンバーにはサンタの店員さんになってもらい、ウエイトレスとショーのパフォーマーを交代でやってもらいました。みんな朝からテキパキよく働いてくれたので、クレームや事故もなく、午前10時15分~午後3時までの営業を無事に終えることができました。みんな本当にお疲れさま!

Pb230277

そうそう!「ミュージカル 最後の一葉 2011」にナンシー梅川役で出演してくださったEmiさんもご家族でお越しくださって差し入れまでいただき大感激。でもちょうど忙しい時間帯でぜんぜんお話もできなくて残念。……また来年一緒に舞台したいなぁ(勝手な願望です happy01 )

Pb230276

ぼくはとにかくバタバタ忙しくて写真を撮るひまもありませんでした。数少ない写真でお店の雰囲気が伝わればいいですが……スミマセン! weep

Pb23030

午後3時の営業を終了した後は、なぜかカラオケ状態に突入してみんなで大騒ぎ!「ミュージカル 最後の一葉」の歌はもちろん、「ミュージカル ウィリアム少年の夏」の歌や、ドリカムの「未来予想図Ⅱ」や絢香の「みんな空の下」なども聴けました。う~ん、みんなかなかやるじゃん note

この様子を見て、今年最後のソレイユ稽古日である12月24日はクリスマス会impact大カラオケ大会impactを開催しようかなぁとひらめきました。 flair flair flair

優勝、準優勝、三位くらいまでにはshine豪華景品shineを用意し、今年1年間のシメである2011年最終日を最高に盛り上げたいと思います。 

歌唱力、パフォーマンス(振り付け・ダンス)、MC力、を審査するガチンコ勝負なので、誰でも入賞する可能性があると思います。自分の得意な歌で参加して下さい!

昨年は年末の舞台公演があったため毎年恒例のクリスマス会ができなかったので、今年はいろんなゲストも呼んで、軽食やお菓子を食べて、ジュースで乾杯し、ワイワイにぎやかにいきましょう! xmas 

おっと!その前に12月10日の「女声合唱団ロザ」リサイタルでゲスト出演を成功させてからですね。これが今年最後の大きなステージになるので、みんなでがんばりましょう~ sun

追加サプライズ!

実は、昨日ソレイユカフェの後片付けをして帰ろうとしていた時にばったりAinaさんに会いました!彼女はバイトが終わってから急いでカフェに駆けつけてくれたけれどタッチの差でみんな帰ってしまった後でした。本当に数分前までいたのに残念でした。

111123_16060001

Ainaさんは現在高校でダンスクラブに所属しがんばって活動しているとキラキラの笑顔で話してくれました。ソレイユを卒業して数年経つのに、いまだにこうして何かのイベントの時に顔を出してくれたり、気にかけてくれているAinaさん。昨年は「ミュージカル ウィリアム少年の夏」の公演にも参加してくれた本当に貴重な存在です。ますます輝いてshine一流の人shineになってほしいですね sun 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

明日のカフェメニュー続々誕生!

今日の午後はケーキ作りを楽しみました!

P1160697_2

▲ベイクドチーズケーキはうまく焼けました。限定10カット(1カット200円)

P1160707

▲おいしそうでしょう~ lovely

P1160702

▲パウンドケーキの抹茶(左)とチョコ(右)がオーブンで焼かれています。

P1160703

▲パウンドケーキはリキュールが入っているのでちょっと大人向きかも……(1カット200円)

P1160692

▲もちろんメインのホットケーキ(プレーン200円)バッチリおいしくできました。

P1160695

▲前回のソレイユカフェでも人気だったチョコバナナホットケーキ(300円)もめっちゃおいしくできました!

その他にも、焼きプリン(200円)とクリームブリュレ(200円)を今から作る予定です。うまくできるかな~

 

営業時間は午前10時~午後3時までですが、すべて数に限りがあるので、無くなり次第終了します。ぜひお早めにお越し下さいね~。よろしくお願いします!sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ明日開店! ショーが楽しめるお店「ソレイユカフェ」

おはようございます!

明日23日は、楠葉生涯学習市民センター秋の収穫祭で、ソレイユカフェを営業します!

ソレイユメンバーによる歌のステージを楽しみながら、おいしいホットケーキや焼き菓子を食べていただけるお店です。

111122_12470001

今日は開店準備で大忙しの一日になると思いますが、準備の様子を少しずつブログに載せていきますね。

111122_12460001

楠葉生涯学習市民センター2階の奥の部屋第3会議室がだんだんカフェっぽくなってきました。

あとはケーキの仕込み、楽器やマイクなどの準備があるので、また後で!

楠葉生涯学習市民センターの地図は下記のアドレスをクリックしてください。

http://www.city.hirakata.osaka.jp/freepage/gyousei/s-center/kuzuha/index.htm

ページの下の方に地図が載っています。

明日は今日みたいにいい天気じゃなさそうなので残念ですが、ステキな秋の一日になるようにがんばりますので、都合の良い方はぜひお越し下さいね。お待ちしてま~す! sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

2012年に向かってソレイユ新世代誕生!……だったらいいねぇ~

昨日は大雨の影響で交通渋滞に巻き込まれ、1時間も早くバスに乗ったのに稽古場に20分!も遅刻してやっと到着。

いつもソレイユメンバーには時間を守ることに対して厳しく指導しているだけに、自分たちが時間を守らないと示しがつかないし、いっそ途中でバスを降りて稽古場まで走ろうかとも考えました。

でも、どうしても仕方ない時はあきらめも肝心と思い直して、メールで到着の遅れを知らせてあとはどうにでもなれ~!と開き直ったのでした。着いたらたくさんのメンバーが待っていて、本当に迷惑をかけました。みなさんごめんなさい!

Pb190300

さて、今回はうれしい報告があります。ソレイユでうれしい報告といったらやっぱりコレですよね~。

shine新メンバー誕生shine……かも?

かも?というのにはワケがあります。ソレイユは入団希望の人に1ヶ月の体験期間を設けています。1ヶ月稽古に参加してみて気持ちが変わらなければそのまま入団して正式なソレイユメンバーとなっていただきます。

まれに、団体行動は無理かな?と判断した場合にこちらからお断りする場合もありますが、来るもの拒まず、去るもの追わずのスタイルで11年間やってきたソレイユでそんなケースがあることは今までめったにないことなので、きっと大丈夫だと思いますよ。 happy01

Pb190263

昨日、ソレイユの稽古に体験参加してくれたのはRirikaちゃん(写真中央)とYa~ちゃん(写真右)の二人。二人ともまだ小学校低学年で(たしかRirikaちゃんが2年生でYa~ちゃんが1年生。若い!)、写真左のReetanのお友達のようです。

二人とも安部先生が指導している別のこども合唱団HIRAKATA SHINY KIDSのメンバーですが、8月の舞台「ミュージカル 最後の一葉 2011」と「2011年ひらかた市民合唱祭」のソレイユのステージを見て、ソレイユに入団したい!と思ってくれたようです。うれしいですね~!

ステージをやって具体的な反応があるというのは、人の心を動かす何かを与えることができたという証明だから、がんばった甲斐あるというものです。

でも同時に、二人がソレイユに入団して本当によかったな~と思えるように、そして人間としても成長していってもらえるように、ぼくらはもっともっとがんばっていかなきゃいけないと責任も感じます。

Pb190259

今のソレイユには本当に一所懸命がんばる最高のメンバーが揃っているので、先輩たちが稽古に取り組む姿勢を自然に見習って、自分のペースでがんばってほしいと思います。

何事も成し遂げるには時間がかかります。石の上にも三年。誰でもが簡単にできる小さな目標ではなく、誰も成し遂げることができないような大きな目標を持ってほしいですね。

努力を続ける限り、自分であきらめない限り、夢はぜったいにかなうものだから。

Pb190260

そして、今までの先輩たちがやってきたように、こどもでも大人を心から驚かせ、感動させる舞台ができることを証明するために、いつの日かステージで大活躍してほしいと願います。まぁ、最初のうちはボチボチ気楽にやってください。 bud

Pb190261

しかしっ!昨日の稽古では、その先輩たちの笑顔が固まり、冷や汗をかき、本気であわててしまうannoy衝撃的な事件annoyが起きました。 coldsweats02

世の中を変える人は、いつでも一般人の予想を裏切るスーパーな人。

昨日の稽古ではまさかっ!の展開が起きました。

そのことについては次回書きますネ。 smile ひっぱるな~

ちなみに、今日は心斎橋に出て23日の「ソレイユカフェ」でウエイトレスさんに着てもらう衣装をゲットしました。

111103_18280001

▲このショップで上の衣装を買う時、レジは若い女の子ばかりでかなり恥ずかしかったし、あやしそうな奴を見る冷たい視線を向けられました。

オレが着るんじゃねーっ!そんな趣味はないっ!って心の中で叫んでました。bearing 

まぁ……今回はクリスマスも近いからサンタさんになって、華やかに楽しくいきましょう~!

もちろんショーの歌の練習もしっかりしておいてくださいね。 note

111120_08350001

ぼくは今朝もカフェメニューのホットケーキを試作しました。

今日は特においしくできたようで、安部先生はパクパクモグモグおいしいなぁ~!と言ってぺロリと食べきっていました。

安部先生、いつも食べてくれて…あ、ありがとう…… coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

2011年ひらかた市民合唱祭 ソレイユのステージまとめ

Pb130253

今回の合唱祭についてはいろいろ書きましたが、肝心のステージ内容についてはあまり言及していないので、まとめとして書きます。

どんなステージだったかは、合唱祭当日すぐに速報!として、ぼく個人が撮影した動画をブログに載せているので、すでに見ていただいた方も多いと思います。

小さくて不鮮明な映像なので、すべてが伝わるとは思いません。ステージはやっぱり“生もの”なので、その場で見なければ本当の良さはわかりませんから。

内容に関しても、自分たちはメンバーにも歌にも思い入れがあるので、客観的に評価できていない部分も多々あるでしょう。

Pb130252

突き詰めて、もっとシビアにチェックすれば、音程の微妙なズレや声の伸びなど、まだまだ理想通りにできていないところはあります。

しかし大きな収穫もありました。それは合唱の中でソロパートを歌った人たちの声が十分観客席に届いたことです。ear

安部先生は常に「間違った発声方法でなければ、大ホールでもマイクなしで十分通用する!」という言葉が実証されました。happy01

ソレイユに入団した当初はぜんぜん声が小さかったのに、数年間で素晴らしい歌声が出るようになった人がいます。やっぱり基本を忠実にじっくり長い期間稽古を続けている結果ですね。

でも、ただ美しい声の人は世の中にたくさんいます。もっともっと精進して、誰にも真似できない歌を歌えるようになってほしいと願います。それにはまだまだ努力しなければなりません。

Pb130254

そして、今回はビジュアル面でもソレイユ独自の個性を発揮できました。

ただの白いシャツが見事に歌とマッチする衣装に変身したことは、今後のステージを考えていくうえでとても自信になりました。

他の人と違うことを恐れるのではなく、他の人たちと違うことを楽しめる余裕。

今までにないものを自分たちで創造し、観客にさまざまなイメージをしてもらえるようなそんな舞台ができればいいなぁとつくづく思います。

お金を出して高価なありものの衣装を見つけることは誰でもできます。お金さえ出せば。でも、そうではなく、自分たちのステージや歌のテーマにぴったり合う衣装やメイクを自分たちで創造できれば、それはどんな高価な衣装より価値あるでしょう。

余談ですが、今回のソレイユのステージを見て、数人のこどもがソレイユに入団したいと言っているそうです。

実際、新メンバーが増えるかどうかわかりませんが、わずか7分間のステージで人の心に変化を与えることができたのは、ソレイユメンバーの歌声とパフォーマンスが真の感動を与えたということの証です。

真の感動とは、「よかった!」「スゴイ!」で終わるのでなく、何かを感じた人が、それによって具体的に行動を起こすこと」

もし、誰かの人生に少しでも影響を与えられたとしたら、それはやっぱり素晴らし舞台だったのだと思います。

2011年ひらかた市民合唱祭は、さまざまな面から見てshine大成功shineだったといえます。

これで、2011年のステージ&イベントは残り2つとなりました。

ちかいところでいうと、来週23日(水・祝)の「ソレイユカフェ」の再営業です!

祝日ですが、思っていた以上にソレイユメンバーが参加できそうなのでよかったよかった。 xmas

今回はホットケーキだけでなく、焼き菓子やクリームブリュレなんかもメニューに加える予定です。

今回は1日限定、午前10時~午後3時までのランチタイム中心の営業なので、パァ~っと楽しくいきたいと思っています。お暇な人、都合つきそうな人はぜひソレイユカフェにお越し下さいね~!お待ちしていま~す sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

2011年ひらかた市民合唱祭2日目    11月13日ソレイユはこんなんでした~!②

_0017

合唱祭当日の朝、リハーサルの前になぜか50メートル競争をする4人の不思議なソレイユメンバー。 shadow shadow shadow shadow

奥の黄色い中学生、かなりフライングスタートなのに………

_0018

なぜか1位は小学5年生のSaori。えぇ~っ!! coldsweats02

_0554

本番前の最終稽古の日が学校の修学旅行と重なって参加できなかったAmi。実は合唱祭当日も日曜参観日があって朝リハーサルに出ることができませんでした。ということで、ぶっつけ本番になりましたが、Amiは市民合唱祭出演最多のベテランだから心配はしませんでした。

_0656

Mietanはソレイユの正式メンバーとしてshine初ステージshine。8月末の舞台「ミュージカル 最後の一葉 2011」を観客席で見ていた人が、その数ヵ月後には、舞台の出演者たちと同じステージに立ち、同じ歌を一緒に歌っている。…本当に人のとは不思議なものです。

_0153

今回の合唱祭の成功で忘れちゃいけないのがこの人の存在。ソレイユ1期生のMinori先輩!彼女は前日の合唱祭1日目会場係りも手伝ってくれて、とっても助けてくれました。本当に感謝しております。 happy01

_1425

▲今回は女声合唱団ロザとソレイユのかけもち出演のMinoriさん。

もちろん歌とパフォーマンスもバッチリ他のメンバーをサポートしてくれました。いつまでソレイユの舞台に付き合ってくれるかわかりませんが、できる限り一緒に舞台できたらうれしいですね~。最近は大人としていろいろ会話ができるようになってきたし、お芝居の方でも重要な役をお願いしたいな~と思っています。 

    

_0929

▲この写真、資生堂とかカネボウ化粧品のポスターみたいですね。Misato&Sakikaの表情、ポーズ、そして光の具合、完璧じゃないですか。今回もハッシーさん、グッジョブ!good

_0499

Ayakaは、他の団体の歌を最後まで2階席で静かに見ていました。強制ではありませんが、自分たちのステージ発表が終わっても他の団体のステージを観て観客として盛り上げるのが舞台人のエチケット。他に数人のソレイユメンバーも一緒に見ていました。

すべてのプログラムが終了した時、Ayakaは一瞬帰ろうとした後すぐ戻って、他のメンバーが座って下ろしたままにしていた座席を元に戻して帰っていきました。こういうちょっとしたことに気を配れるのがAyakaの最大の魅力だと思います。

_1202

歌でも演技でも、結局はその人の人間性が出るものです。いくらメイクして、着飾っても隠し切れない素の部分は自然とにじみ出てしまうから。

その人自身が魅力的なら、歌でも演技でも自然に人々は魅了されます。だから若いうちは苦労を苦労と思わず、他の人が嫌がることでも率先してやり、人間そのものを磨いていってほしいと思います。「♪トイレの神様」ではないけれど、どこにでも必ず見守っている神様がいるからね。 eye

稽古場をきれいにする人、稽古場に入・退室する時にちゃんとあいさつして敬意を表す人は、稽古場の神様に愛されるから自然に上達していくし、ケガや事故も起きません。……信じるか信じないかはあなた次第! smile 

話がそれましたが、ぼくが合唱祭当日にソレイユメンバーの黒テープ靴7足!作ったのに対し、安部先生はこども合唱劇団ソレイユの伴奏、HIRAKATA SHINY KIDS、女声合唱団ロザの指揮で大忙し!毎回衣装も変えて、ほとんど一日、大ホールのステージに出ずっぱりの大活躍でした。この違いはなんなの~よぉ! happy02 

_0089

_1420

_1440

▲伴奏・指揮以外にも、ハーモニカまで演奏!

_0242

本業で引っぱりだこな先生と………

_0479

内職担当の先生 crying (ジミだね~)

_0201

▲忙しくてもshine余裕の笑顔shineを見せる先生と………

_1054

▲荷物もちでimpactカッコつけるimpact先生 crying crying (悲しすぎる)

_0433

Yuri annoy先生、こんな自虐ネタ使ってまでブログに載りたいんですかっ。あ~あ、本当に情けないですねぇ。ちゃんと私たちみたいにheart01可愛い過ぎるから、キュート過ぎるから、プリティ過ぎるからheart01、そういう正当な理由で載せたらどうなんですか!annoy

Ayaka  おいおい君、そこまで言いきっちゃうかなぁ…。

_0474

その通り!

_0933

今日はここまで、さようなら~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

2011年ひらかた市民合唱祭2日目 11月13日ソレイユはこんなんでした~!

_1024

毎年秋に開催されるひらかた市民合唱祭。(昨年だけ12月開催)

わずか7分間の短いステージですが、枚方市市民会館大ホールのステージで歌えるので、今回も50団体を超える合唱団が出演しました。

わたしたちソレイユは合唱祭2日目の13日日曜日の出演。

出番はshineラッキーセブンshineの7番目!

_1159

歌は8月20日に上演した「ミュージカル 最後の一葉 2011」の中から3曲選んで歌わせていただきました。

♪戦争孤児たちの叫び!

♪あ~あ はらへった

♪絵里華の告白~最後の一葉 メインテーマ

_1170

本当は全曲を披露したいくらいどの曲にも愛着があるけれど、7分間を超えるわけにはいかないので、作曲者の安部先生に3曲選んでもらいました。

_1179

でも今回の選曲は、ツカミ(衝撃)~展開(ユーモア)~シメ(心の浄化)というドラマチックな展開で、たとえ観客のほとんどがミュージカルそのものの内容を知らなくても、心を揺り動かされるステージになったと確信してます。

_1182

今回のステージが大成功したもっとも大きな要因は、出演者であるソレイユメンバーが全員で話し合い、稽古を積み重ね、ミュージカルとは独立したまったくオリジナルのステージパフォーマンスを完成させたからでしょう。

振り付けの考案と他メンバーへの指導はSakikaAyakaコンビ。今回の二人の働きぶりは賞賛に値します。

_0070

▲本番当日朝。リハーサル直前に舞台袖で打ち合わせするAyaka(左)とSakika(右)

Sakikaはバレエのしなやかな動きをとりいれて美しく普遍的な振り付けで歌に新たな命を与えてくれました。

_0529

しかし「♪あ~あ はらへったでは」、一転とぼけてて笑えるコミカルな振り付けで観客を楽しませました。

_0640

この振り付けの原型は、夏合宿の夜、わずか数時間で考えたのだから本当に驚きです。正直言って、こんな芸当はぼくはもちろん、安部先生にもできないことだから、すでにSakikaはクリエイター(創造的な仕事をしている人)としてぼくらを越えた存在だと言えます。

また、ビジュアル面においても、自分だけでなく他のメンバーたちのメイクもほとんど担当し、ただでさえ美人揃いのソレイユメンバーをさらにステージパフォーマーとしての魅力を引き出してくれました。

_0443

ほら、早く目を閉じるんだよ。 はいっ!

_0410

おかげさまでぼくは、白の上靴しか持っていない人のために黒ビニールテープを貼り付ける作業に没頭させていただきました。ほとんど下働きの靴職人状態。

上の写真は、黒のテープで名前が見えなくなってしまった靴の臭いをかいで誰の靴か当ててるところ。(もちろん冗談ですからね!)

_0960

▲メイクによって、さらに美少女に変身したYuri。

自分で表情を作って写真撮ってもらっているくせに、写真のデータを見てはずかしくなったのか「消してくれ~!」と叫んでましたが、もちろんブログに載せちゃいました。どうかこのまま成長していってほしいものです。

_0426

先生あたしのまだ~?  は、はい。もう少し待ってくださいっ……

_0455

はい、次! よろしくお願いしま~す kissmark

_0559

先生、靴きついんだけど~  えっ。そ、そんな……sweat02

_0858

新人さんのTantanもやっぱり美人でした。

_0468

さぁ~て、自分もやんなきゃねっ。

_0509_2

はい、あっという間にこの通り! メイクご苦労さまでした。

_0970

本番ギリギリになってもまだ靴にテープ巻いてます。暑いし、あせるし、いつの間にかTシャツ姿。ソレイユのステージが成功するためならなんでもやらせていただきます!

_1035

Kanako&Nanakoの二人が本番を観に来てくれました。ありがとう!

_1125

本番前、直前リハーサルもバッチリ 。いざ、大ホールのステージへ!

_1151

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

速報!2011年 ひらかた市民合唱祭 ソレイユステージ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

既成概念(きせいがいねん)を破壊し、新しい世界を創造していく人。 それが真のアーティスト  ②

今週もあっという間に過ぎてしましました。いよいよ明日から2011ひらかた市民合唱祭が2日間開催されます。 

わたしたちソレイユは2000年の結成年から連続11回目の参加となります。

今回は夏に上演した舞台「ミュージカル 最後の一葉 2011」の楽曲の中から3曲をピックアップして歌います。

その曲選びは早く決まったけれど、最後まで難航したのはステージ衣装でした。

いつもながら、そんなに予算はかけられない条件の中で、歌のテーマとマッチする衣装を考えるのはとても難しく、安部先生と二人でいろいろと話し合いました。

先週土曜日が本番前最後の稽古になるからそれまでには絶対に決めなきゃいけませんでした。そこで11月3日の祝日、文化の日に大阪市内の問屋さんがある本町から心斎橋あたりまで昼過ぎから夜まで探し歩きました。

いろいろな店を探している間もずーっと、衣装のイメージについてお互いの意見をぶつけ合いました。しかし、いまいち納得できる答えがみつからないまま、ただ時間だけが過ぎていきました。

もちろん衣装に何千円、何万円もかけることができるなら、簡単に見つかるだろうし、イメージ通りの衣装を作ってもらうこともできるでしょう。しかし、それは無理な話だから、やっぱり知恵をしぼって考えるしかないのです。

しかし、今回は最後まで一致したイメージが出なかったので、最終的にはミュージカルを上演した時の衣装そのままで出てもらおうか、それが一番シンプルなのではないかという結論に至りました。

ただ、合唱祭はわずか7分間のステージなので、「ミュージカル 最後の一葉」の内容やストーリーを知らない観客にとっては、汚い格好をしたこどもたちが登場したとしか見えないだろうし、それで3曲歌ったところで、楽曲の世界を表現することができるのか?観客の心を揺さぶることができるだろうか?と自問すると、やっぱり答えはNo!

…う~ん、もう少しだけ考えてみよう。ということで心斎橋のあるショップに入りました。ここもユニクロなどと同じでかなり安い服が売っていますが、品質はけっして良いとはいえません。でも、予算ギリギリでいくにはそこで何かを選択するしかない状態でした。

その時、白いシャツが目に留まりました。このシンプルな白シャツを使って何かを表現できないかと思いました。

安部先生は、この白いシャツをそのまま普通に着てしまえば、ただの安っぽい服だけど、前と後ろを反対に着てみたら、ぜんぜん違うように見えるはずと言って、試着室へ入っていきました。

そんなアホな!前と後ろ反対に着たところで、安いシャツはただのシャツだろうと決め付けていました。

ところが5分後、試着室のカーテンを開けてみると、そこにはなんとも不思議な服を身にまとった安部先生が誇らしげに立っていました。

あれっ……いけるかも。うん……おもしろいねぇ。いや、これは今回のステージにぴったりかも。

一瞬で心が動かされました。11年間で一番かんたんな発想で、もっとも独創的な衣装の誕生の瞬間でした。

でも、ただ白いシャツを後ろに着るだけでは、何のコンセプトもテーマもないので、それに今回の歌のテーマを盛り込むことを考えました。

「ミュージカル 最後の一葉」のテーマは命の絆

どんな命もどこかでつながっている。

父と母がいて自分がいる。その父と母にもそれぞれに両親がいる。その両親にも……

そして、その回りに数え切れないほどの人々がいて、お互いに影響し合い、支えあっている。

その絆を一本のリボンで表現しました。

リボンの色は、いろいろ候補を挙げましたが、最終的には「最後の一葉」をイメージする(グリーン)にしました。

エバーグリーンという言葉があるように、緑には、永遠というイメージもあります。

そして平和も。

そのリボンは一人一人だとバラバラですが、最後にはひとつにつながります。

白のシャツのイメージは、純真、そして高潔

そして、「ミュージカル 最後の一葉」に必要不可欠はアイテムである、絵のキャンバスであることにも気が付きました。 art

白いシャツのキャンバスにをつけよう。 

花のイメージは、舞台の出演者であるこどもたち。そしてスポットライトにも似ている。

この花は本番までに本人たちが自分の衣装につけてくるので、どんな風になるのか楽しみです。

ソレイユのメンバーが衣装を合わせると、まるで天使たちが歌声によって人々の魂を救済するために舞い降りてきたようなイメージができました。

最初のうちは今までの常識にとらわれて、今回の衣装を受け入れるまでに時間が必要な人いました。(そりゃ、そうでしょ!)

でも、他のメンバーが着ている姿を見ているうちにだんだん慣れていって、けっこうかわいいかも!という感じになっていきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

既成概念(きせいがいねん)を破壊し、新しい世界を創造していく人。 それが真のアーティスト

先週の土曜日5日は11月最初で、今年のひらかた市民合唱祭前最後の稽古でした。

午前中の10時~11時半までは、毎年ご招待いただいている菅原小学校PTA主催のイベントすがらんどに参加しました。

Pb050229

ソレイユメンバーで参加したのは、Sakika、Yuri、Saori、Saya、Narumiの5人。「ミュージカル 最後の一葉 2011」のミュージカルナンバーを歌わせていただきました。

(ソングリスト)

♪ 戦争孤児たちの叫び!(全員)

♪ ふたりの約束 (Yuri&Saori)

♪ 妹を探して(Sakika)

♪ あぁ~腹減った!(全員)

♪ 嵐の夜の真相(Saya&Yuri&Saori&Sakika)

♪ 絵里華の告白~最後の一葉メインテーマ (Narumi&全員)

(アンコール)

♪役者稼業 ~「ミュージカル ウィリアム少年の夏」より(Saya&Yuri&Saori)

Pb050228

観客の数は予想していたよりぜんぜん少なかったですが、たとえ観客が1人であっても5万人であってもその時にできる最高のパフォーマンスを披露するのが自分たちの仕事。

観客の人数でテンションが上がったり下がったりしないように、ソレイユメンバーには常に最高のパフォーマンスを求めます。今回の「すがらんど」に参加したメンバーはみな一所懸命がんばっていました。

Pb050288

今後の課題はやっぱりMC(司会進行)かな。目の前のお客さんと対話したり、お客さんに質問をしたりして、観客の気持ちを和ませ、のせてあげて、一緒にコンサートを盛り上げられるようになったら、もっと楽しくなるはずです。今はまだ、歌う曲のタイトルを言って、歌って、礼をして、次の曲のタイトルを言って、歌って……という決まりきったプログラム進行しかできていないから。

まだまだ稽古することはあります。もっと上を目指してがんばりましょう!

                  sun

約30分ほどのミニコンサートが終了した後は、「すがらんど」のこどもたちや保護者のみなさんと、かんたんな「演技レッスン」をしました。

「演技レッスン」といっても、かんたんなセリフや動きでできる遊びです。しかし、大人とこどもがひとつになってやると、とってもおもしろいんですよ。 happy02

男の子はソレイユのかわいい女の子たちに囲まれて恥ずかしいのかずっ~とおちょけていました。その気持ちはわかります。ぼくだって小学生だったらきっと同じだったと思います。

Pb050230

でも、女の子の中にはとっても真剣に演じていた人もいましたね~。note

演技のレッスンをしてると楽しすぎて1時間なんてあっという間に過ぎてしまいました。もっと時間があればもっともっとおもしろいことできるんだけどな~。でも、また「すがらんど」で会える日がくると信じています。

「すがらんど」のみなさん。ありがとう、さようなら。また会いましょう!

その後は枚方市駅に戻って、午後1時半から午後5時まで「2011ひらかた市民合唱祭」の最終練習。

まずは、本番の衣装合わせ

しかし、その衣装を見たソレイユメンバーは、思いもかけないannoy衝撃の事実annoyにしばらく言葉を失ってしまいました。本当に固まってしまった人もいました(笑)  smile smile

なぜなら、今回の衣装は……なんと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

10月最後の稽古もワイワイガヤガヤ楽しくてあっという間に終了!

30日(日)は大阪マラソンのロケで移動中にブログ更新したので、写真は載せられなかったし、文字も小さくしか入力できなかったので、読みづらかったと思います。どうもすみません!

「ミュージカル 最後の一葉 2011」の打ち上げから約1ヶ月半ぶりにフォトグラファー(写真家)のハッシーがソレイユの稽古場に来てくれました。

だから、いい写真がいっぱい!

さっそく送ってくれたのでご覧下さい。

1029_270

▲2011年新メンバーのリータン。またまたソレイユに美少女が増えました。

1029_083
▲リータンの姉のタンタン。稽古中はまだまだ緊張気味だけど、彼女もがんばっています。ぼくは他のメンバーと区別することなく、なるべく同じことをやるように指導しています。最初に甘えられる環境を作ってしまうと、簡単にできることまでできなくなってしまうから。慣れるまで時間がかかるかもしれないけれど、それは何をするにも同じだから、少しずつマイペースでがんばれ~!

1029_109

Minori先輩も参加。合唱祭当日はいっしょにステージに立ちます!

1029_160

▲かつぜつを良くするための教科書「ういろううり」に挑戦!ソレイユでは過去にも一度トライしていますが、その時は中途半端な感じで終わっているので、今回はぜひ完全マスターする人が出てきてほしいですね。

ちなみに、ぼくが「ういろううり」に初挑戦したのは大阪芸術大学の演劇コース1回生の時。ソレイユメンバーは若いからむずかしいと思うけれど、絶対に全部暗唱できるようになります。肝心なのは絶対に制覇してやる!という気持ち。

1029_235

いよいよ迫ってきた「2011ひらかた市民合唱祭」。もうほとんど最終段階に入っています。楽しみだな~!

1029_317

世界の平和を信じて……

1029_517

歌の練習の後は次回作のコメディへむけてレッスン。

1029_411

今のソレイユには、コメディエンヌ(喜劇ができる女優)がたくさんいるので、稽古場は爆笑の連続でした。

1029_602

▲この人も今はなんでも積極的にやります。演技することがとても楽しいのでしょう。見ているこっちもおどろき、楽しくなります。

1029_183

▲高校生活とソレイユを両立しながらがんばっているAyaka。頼もしい存在です。

1029_692 

次回作の役は……?まだシークレットです。

1029_595

稽古終了直前に間に合った安部先生。寝屋川で童謡を歌ってきたのでドレス姿です。

1029_684

ハッシーからリクエストがあり、とつぜん○○集合写真。○○の中に入る言葉はさて、なんでしょう?ヒントは、目を閉じて……ここからは恥ずかしくて言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »