« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

節分前の稽古で……

少し前のネタですが、2月2日(土)は節分の前日だったので、稽古終了後にメンバーみんなで豆まきをしました。

当然、おじさんのボクがの役になったのですが、気楽に引き受けたことを後悔することになりました。 crying

鬼の気持ちがよくわかりました。sweat02

「みんなから袋叩き(ふくろだたき)にされる」とか、

「銃で蜂の巣にされる」なんて言葉がありますが、少しだけ理解できた気がします。shock

メンバーたちにどれくらい憎まれているのかもよくわかりました。(いい意味でね) coldsweats01

ふだん、ビシビシ厳しい稽古をしているからこういうことになるのですね sweat01

でも、みんな元気で明るくて良いことです。 note

投げたのは「落花生」だったので、後で全部ひろってみんなでわけました。

掃除も全員でテキパキやって一瞬でキレイに片付けていました。さすがです!

稽古は真剣に全力で取り組む。でも終わればワイワイガヤガヤ!

こども合唱劇団ソレイユはそういうところでありたいです。sun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

明日は2月最後の稽古日 がんばるぞぉ~!

ブログ更新してなくってごめんなさい! shock

お久しぶりです。みなさん元気で楽しく暮らしてますか?

ぼくは3月17日から本番の「みゅーじかる  うえるかむ!みっどないと しあたー 2013」の台本書きでバタバタしております。 book pencil

2006年に初演した舞台をキャストを一新して上演するにあたって、台本の後半から結末までの展開もまったく違う内容に修正しました。だから、この作品を以前に観た方、または出演したことがある人でも違う作品として楽しんでいただけると思います。

最近起こった事件や、こどもたちが置かれている現状や社会のさまざまな問題など取り入れつつも、エンターテインメント作品として子どもから大人まで楽しめる物語になるはずです。

物語の登場人物は基本的に以前と変わっていないので、それぞれのキャラクターを演じるキャストは今回でshine3代目!shineになります。 happy01

Welcom2006

▲2006年初演の「ウエルカム!ミッドナイトシアター」shine1代目shine出演者たち。当時のソレイユメンバーも今や社会人・大学生・高校生・中学生としてがんばっているはず。思い出深いメンバーたちです。 confident 

Ca3a0237

▲2008年版の稽古風景。この時は、枚方市内だけでなく、寝屋川市や守口市でも公演する「ウエルカム!ツアー」をやりました。これまた思い出いっぱいの公演でした。

Ca3a0229

▲同じく2008年版の稽古風景。

以前演じてくれたソレイユメンバーに勝るとも劣らないナイスなメンバーが揃っているのできっと最高にオモロイ「うえるかむ!」になると信じています。

しかし!今のメンバーはセリフ覚えが遅いし、自分で自分のキャラのイメージができていないし、自分なりの「役作り」を開始している人はまだ数人。これでは17日の開幕まで間に合わないので、ちょっと心配。気合いをいれなくてはいけないかな?と思っています。 impact pout

「セリフを覚えること」は役者の仕事のうちに入りません。そんなことは当たり前ですからね。セリフを覚えても、それをただそれなりにセリフを口にして、それなりに演技してもまったく意味がないのです。

大切なのは、自分が演じる人物が

なぜ、こんなセリフをしゃべるのか?

なぜ、こんな行動をとるのか?

を考えることです。

演じる人物のセリフと行動から、その人の思考や感情に近づき、自分なりの人物像を創り上げることです。

そのためには、台本を何度も読み返すことが重要です。何度も読んでいるうちに、セリフのない部分や他の人が話している場面で自分が何をして、何を考えているのかがわかってきます。

自分のキャラクターがしっかり理解できれば、どんなセリフも自然に出てくるし、どんなアドリブにも常に対応できます。なぜなら、すでに役の人物と一体化しているからです。

そこまでの域に到達するのは難しいことですが、要は

演じる役の一番の理解者は自分

になってあげれば良いのです。

人間はみな、良いことも悪いことも考えるし、まじめな部分もあるし、ふざけた部分もあります。完璧な人間なんて一人もいません。誰だってミスするし、学んで成長することもできます。

舞台の登場人物たちもみな完璧ではありません。完璧どころか酷いこと言ったり、ケンカして争ったり、他人を見下したり、おどかしたり、うそついたり……。みんなsweat02不完全sweat02なんです。

でも、だからこそ素晴らしいのです! up note

その不完全な登場人物たちが、お芝居の中で衝突したり、仲直りしたりしながら少し成長することに意味があるのです。

この舞台の稽古を通じて、今のソレイユメンバーたちがあらゆる面で成長してくれたらうれしいです。ボクも今回の舞台でたくさん学ぶつもりです。

8月はまた全然違うジャンルのミュージカルに挑戦する予定だから、もっともっと経験を積んで、人間としても、指導者としても、役者としても、舞台の台本書きとしても成長したいと願っています。

とにかく本番までがんばりますので、よろしくお願いします! sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

「うえるかむ!みっどないと しあたー 2013」 ついにアイデア降りてきました!

2006年に初演した舞台「ウエルカム!ミッドナイトシアター」は、2008年冬に再演し、今年3月に再々演することにしました。

しかし初演の7年前と現在では、社会情勢や事件、こどもたちを取り巻く様々な状況もかなり変化しているので、今日的なネタや問題を取り入れて台本を手直しないと再々演する意味がありません。

そこで、いろいろ考えを巡らせていましたが、なかなかいいアイデアが浮かびませんでした。上演予定日の3月17日が迫ってきて、グッドアイデアが降りてこなければ、前と同じでもいいかなぁとも思いました。役を演じるメンバーは全然違うし、何より「ストレートプレイ」から「ミュージカル」にするだけでも今までとは大きく違うはずだから。今回はそれでいいかな…… shock shock

あきらめかけたある日の真夜中。やっと「これだ!」というアイデアがふっと降りてきてくれました。アイデアを忘れないようにメモ書きして、朝起きてからもう一度読み直してみましたが、絶対におもしろいと確信が持てたので、ついに2013年版の「うえるかむ!みっどないとしあたー」が完成に近づきました。

あとは演じるメンバーたちと、ソレイユにしかできない、ソレイユらしい舞台を創作していくだけです。現役メンバーは過去最高の「うえるかむ!」を完成させるために、全員がんばって稽古に取り組んでいます。

ソレイユ在籍3年以上のベテラン組を中心に、他のメンバーもみな個性的で才能あふれるメンバーが揃っているので、きっとただ単純におもしろいだけでない、現代社会に警鐘を鳴らす「impact問題作impact」になると思います。

こどもたちが演じるからこそ、大人たちの心にグサッと突き刺さり、舞台を観た後にいろいろ考え、話し合えるような、そんな心に残る作品になることを望んでいます。

まだ完璧に書きあがったわけではないので、完成したらご報告します。ご期待ください!good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

またまた突然ですが……

「ミュージカル 最後の一葉 2011」 ダイジェスト ロングバージョン!

(前半は前と同じですが、後半を追加しました)

映像をスローにしたり、静止画を追加して、アップにしたり……いろいろ変化をつけて編集してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

突然ですが………

もう一昨年の舞台になりますが、こども合唱劇団ソレイユの代表作『ミュージカル 最後の一葉 2011』の動画です。

この一週間、動画の編集の基礎を教えてもらい、練習のために「ミュージカル 最後の一葉 2011」のダイジェスト動画を作ってみました。

まだまだヘタで、もっと使いたい場面があったのですが、とりあえず今できる範囲で作ってみました。今後、何度も何度も練習して、もっと上手に編集できるようになりますね。

編集とは、2時間近くある舞台のビデオの使いたい場面だけをカットしてつなぎ合わせ、テロップ(文字)を書き入れて、音楽や効果音をいれたりすることです。

すべてパソコンを使ってやるのですが、わずか3分くらいのダイジェスト動画を作るのにも四苦八苦。でも、少しずつやり方がわかってきたのでがんばります!

次回作の『みゅーじかる うえるかむ!みっどないと しあたー』のshine予告編shineも作ろうと思っています。お楽しみに! good

…それにしても「ミュージカル 最後の一葉 2011」は出演者のみなさんの演技、そして安部先生が作曲した歌、何もかもが素晴らしいですね~ happy01 heart04

本当に自分たちがこんなスゴイ舞台を上演したのかなぁ?なんて思ったりもしますが、間違いなくやったんですよね。

今となってはなつかしいステキな思い出です。

すっごいメンバーがいましたね。 confident

オトナキャストもすてきな人たちが参加してくれました。weep 

みなさん、本当にありがとうございました!! 

また、いつか必ずどこかで上演すると思います………sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »