« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

次回公演 『ミュージカル リベンジ・オブ・ザ・キッズスター』公演日決定!

バタバタ慌ただしく過ごした1週間だったものでブログの更新が遅くなってしまいましたが、良い報告があります。

こども合唱劇団ソレイユ15周年記念公演第2弾『ミュージカル リベンジ・オブ・ザ・キッズスター』の公演日が正式に決定しました!



公演日 2015年7月11日(土)


場所 南部生涯学習市民センター・大ホール



開演時間はまだ未定ですが、多分午後4時か、5時くらいになると思います。happy01
この「リベンジ~」は次に上演を予定している新作ミュージカルの間のつなぎ的な公演にするつもりだったので、15周年記念公演第1.5弾という中途半端な位置づけにしていたのですが、出演するメンバーがみんなとってもがんばってくれているので、ちゃんとした位置づけにして公演します。ですから・・・・



こども合唱劇団ソレイユ結成15周年記念公演shine第2弾shineです!sunsun
南部生涯学習市民センターは2013年春に『みゅーじかる うえるかむ!みっどないと しあた~ 2013』を公演して以来、久しぶりに使わせていただくのでとっても楽しみです。




このホールは客席も良いし、ちゃんとした舞台や照明・音響機器もあるので、いつもよりグレードの高いステージをお届けできると思います。




作品は、スタジオジ○リのアニメ作品や、ジャ○ーズ事務所の人気アイドルのパロディを多数登場させて大いにふざけているかのように見せつつも、実は芸能界の恐ろしい内幕、若くして成功を手に入れた子役スターの苦悩などをシリアスな問題を告発する社会的メッセージの強いpunch硬派punchな内容です!(←一応、作者の思いとしては coldsweats01 



Ponyu



Shiara



でも、シリアスな問題をマジメに深刻に描いても芸が無いので、それをパロディというジャンルで思いっきり茶化してしまおう!というわけです。smile heart04
間違われるといけないのでハッキリ言っておきますが、パロディぱくりはまったく違う意味ですからね。



よく言われる「ぱくり」という言葉は、人が作った作品をいかにも自分が創造した作品のように発表することです。



でも、「パロディ」は、もともとある作品や現在いる人物からインスパイア(刺激)を受けて、別の作品やキャラを生み出すことです。



「ぱくり」はもともと先に存在している作品や人を否定し、いかにも自分がオリジナルであるかのようにすること。わかりやすく言うとドロボーですね。


でも、パロディはもともと存在する作品や人を否定しません。逆に尊重します。
世の中にはオリジナルを超える偉大なパロディ作品が数多くあります。



▲キング・オブ・ポップ マイケル・ジャクソンの「BAD



最高にクールでメチャクチャかっこいい作品ですが、これが一流のパロディアーティストの手にかかると・・・・下の様な作品になってしまいますsign03
▲「BAD(ワル)」をパロディにした「FAT(太っている)」happy01 こちらはとってもおろしくて、メチャクチャ笑える作品になっています。



これを作ったアル・ヤンコビックというアーティストは、他にも数々のパロディを作って発表しているスゴイ人。



スゴイのはパロディされたマイケル・ジャクソン本人がヤンコビックさんの才能を認め、自分の公認パロディソングにしてしまったこと。



やっぱり超一流の人は懐(ふところ)が深いし、ユーモアの精神に理解がありますね。



2012年の初演時はボクが台本をラストを仕上げるのに時間がかかってしまい、最後の方はほとんど稽古ができず、ぶっつけ本番みたいな公演になってしまったので、今回はその前回の公演をimpactリベンジimpactする意味も込めて、初演を超えるステージにします。
今回の主要キャストは、初演時のキャストに負けない芸達者なメンバーが揃っているのできっとおもしろい作品になると確信しています。どうかご期待ください!


Dsc_0706


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

20世紀最高のバレリーナ マイヤ・プリセツカヤさんを偲んで

去る5月2日に世界を代表するバレリーナ、マイヤ・プリセツカヤさんが亡くなりました。89歳でした。

Ent1505030007p222

▲伝説のバレリーナ、マイヤ・プリセツカヤさん。

ぼくはバレエのことをくわしく知るわけではないので何も言えません。

ただ、プリセツカヤさんが生前に残された数々の映像を見ると、真の芸術家とはどういう存在なのかがわかる気がします。

shine神業shine(かみわざ)という言葉があります。

神様のなせる業(わざ)

彼女の踊りがまさにそれです。

世界中に芸術家やアーテストと名乗る人々が何億人いるかわかりませんが、その頂点に立つ人、それがマイヤ・プリセツカヤさんだと思います。

人間の脳は本来の機能の数パーセントしか使えていないという話を聞きますが、それは肉体でも同じことが言えるかもしれません。

▲マイヤ・プリセツカヤさんが踊る「瀕死の白鳥」は、まさに神の領域に立つ真のアーティストの姿。

そして、驚くのはこの時に彼女は61歳!ということです。coldsweats02

今まさに死にゆく白鳥の最期の姿を踊りで表現している「瀕死の白鳥」。

息絶える瞬間まで生きようとする姿をあらゆる肉体表現を駆使して表現しきっています。

バレエなのでもちろんセリフは一切ありません。

照明・音響・舞台美術などは必要最低限。

人間は身体ひとつでここまで表現できるということを証明しています。

衝撃的です。

この映像を見て心がゆり動かない人はいないと思います。

人間の可能性が無限大であることを教えてくれます。

簡単に「限界」とか「しんどい」とか「ムリ」とか言ってしまうけれど、本当にそこまで突き詰めて努力しているか?

まだまだ自分の努力が足りないと痛感し、もっともっとできるはずと勇気ももらえます。

マイヤ・プリセツカヤさんのご冥福をお祈りいたします。sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

ワークショップで一番うれしかったこと・・・・

おとといの5月祭の中でミュージカル体験ワークショップを開催しました。

いろいろなこどもたちが親や友達と一緒にやってきました。
「アナと雪の女王」のアナとエルサになりきって思いっきり歌い、演じてみよう!
というチラシの宣伝文句は小学生・幼稚園児・幼児の心をつかみました。
ただ単にエルサやアナの衣装を着て、写真を撮るだけならやりたいという人もいたかもしれません。
でも、それではミュージカル体験会にならないので、衣装を着るならみんなの前で歌声を披露し、決められたセリフをしゃべる、これが最低限の条件です。
正直言って、ほとんどの子どもは恥ずかしがってやらないのでは?と思っていましたが、そこはさすが誰もが知っているディズニーの「アナ雪」。次から次に「やってみる!」と手を挙げ、自分から積極的に参加してきました。
その中で、ずーっと他の人が歌い、演じているのを見ている女の子がいました。
「やってみる?」と声をかけると、イヤイヤと首を振るので、無理には誘いませんでした。でも、顔はどう見てもやってみたいという感じ。

午前10時に開始して午後3時までの限られた短い時間しかない体験会。
午後の部もたくさん参加者が来てくれて、だんだん終了時間が迫ってきました。

すると、イスに座って他の人のパフォーマンスを見続けていた女の子がついに「やってみる」と立ち上がりました。

この瞬間を目撃できてとってもうれしかった!最高でした。happy02
やりたいけれど、恥ずかしさや失敗したらどうしようという不安があってどうしても前に踏み出すことができない。

それは人間なら誰でももっている感情。

きっとその女の子は、イスに座りながらずーっと心の中で自分自身と戦っていたと思います。 confident

らないでそのまま部屋を出て行くのも自由。でも、それで良いのか・・・・?

その恥ずかしさや不安な気持ち、負の感情を彼女は乗り越えました。good

客席とステージ間はわずか2メートル程度の距離。でも、客席側からステージ側に来るにはとても高い壁があるんですよね。


しかも、自分ではない違う人物になるのは日常では無い体験だから、誰もができることではありません。やっぱり好きじゃないとできません。


出たがり、やりたがりの人が聞いたら、ちょっと大げさ過ぎない?と思うかもしれませんが、世の中そんなに器用で、積極的な人ばかりではありません。


ボクらの仕事は、一人でも多くの人に客席側からステージ側に上がってきてもらい、歌うことや演じることの楽しさを知ってもらうこと。

長い時間がかかったけれど、エルサの衣装を身につけて、ウィッグをかぶり、自分とは違う自分になって、人の前でパフォーマンスをしていた女の子は、恥ずかしそうでしたが、とても喜んでいたように見えました。happy01
よくがんばったね!

限られた時間内に間に合ってよかった。


やってみたらどうってことなかったでしょう。


も、本当のおもしろさはこの先から。


もっと細かく、深く、ていねいに練習すれば歌や演技をすることがもっと楽しくなります。

このワークショップに参加してくれた人の中から、将来の歌手や役者が出るかもしれない。

他にもこんな女の子がいました。


思い切ってエルサをやると言ってたのに、いざ自分の番になったらやっぱり怖くなったのかやめると言い、ダメかな?と様子を見ていたら、やっぱりやると言ってついに挑戦。
終わったらボクに一言。「次はアナをやりたい」happy01 楽しかったみたいですね。
夢や目標があるなら簡単にあきらめないで、コツコツと努力していってほしいで
すね。

自分がやめない限り、かならず夢はかなうから。

はじめてのワークショップは大変だったけれど、先生たちにとってもたくさん勉強になったし、数々の発見がありました!
きっと、世の中にもまだまだ歌や演技をやってみたい人がたくさんいるはず。
一人でも多くの人に歌や演技の楽しさを体験してもらわなきゃ。note
ミュージカル体験ワークショップは、またいつかやってみよう・・・・sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

ミュージカル体験ワークショップ大成功! みんなに感謝

第33回楠葉生涯学習市民センター5月祭で開催した「ミュージカル体験ワークショップ」は無事に終了しました!happy01

こども合唱劇団ソレイユでの稽古や公演以外で、一般の人に向けてこのような講座を実施するのは15年の歴史の中でも初のチャレンジだったので、いったいどうなるのかまったく予想ができませんでした。




でも、開始時刻の午前10時になると同時にこどもさんたちがドンドンやってきて、終了時刻の午後3時までほぼ途切れることなく参加者は続きました!




Dsc_0600
あんまりひっきりなしに来てくれたので、途中12時15分から15分間だけ休憩をとらせていただきました。




Dsc_0608
思った通り、参加者のみんなは「アナと雪の女王」をよく知っていたので、歌を一から教える必要がなかったので、より多くの人に発表してもらえました。




Dsc_0626
ただ、最初は一人で歌う「レット・イット・ゴー~ありのままで~」と「雪だるまつくろう」を発表ソングに選んでいましたが、それでは歌だけになってしまい、本当の意味でミュージカルを体験できないと判断し、歌+セリフがあり、エルサとアナの2人がデュエットして盛り上げていく「生まれてはじめて(リプライズ)」の場面に変更しました。






一人で歌う発表よりもちろん難しいことにチャレンジしたのですが、みんな短い時間でしっかりやりきっていましたよ。本当に小さい子もいましたからね。
いざ衣装をつけてほかの知らない人たちが見る中でパフォーマンスするのはとても勇気が必要だったと思います。




Dsc_0622
きっとほとんどの人は、自宅ではもっと大きな声で歌っているだろうし、歌詞も完コピ状態なのでしょうが、いざ衣装をつけて、人前で歌うとなると話はまったく別。
子どもでもやっぱりきっと緊張して、本来の実力を100パーセント出せた人はほとんどいなかったと思います。




その緊張感を乗り越えて、実力を出し切れる人が真のアーティスト。





家で自分だけでどれだけうまく歌えるとしても、他の人の前で堂々とパフォーマンスできるかどうかは、やっぱり地道な練習を積み重ねて、本番を何度も経験するしかないのですね。




「生まれてはじめて(リプライズ)」の場面をほぼ完璧にできた女の子が一人だけいました。
本当にセリフもしっかり頭の中に入ってて演技もしっかりやってて素晴らしかったですね。きっと何度も自分の中で練習していたのでしょう。正直言ってとっても驚きました!





今日の体験で、今後の人生が変わるこどもがいるかもしれません。もしかしたら本当に将来ミュージカルのスターになる金の卵やダイヤモンドの原石がいたかも・・・・・・・・。楽しみだね。




今回のイベントは今まで歌うことや演技することは大好きだけど、どうしたら良いかわからない子どもたちにミュージカルをちょっとだけ体験してもらうことが目的だったので、先生たちだけで実施する予定でした。




でも、今回のワークショップがなんとか大成功したのは、ヘルプに来てくれたこども合唱劇団ソレイユのメンバーたちのおかげです。




Dsc_0635
特に朝から来てくれたメンバーは、何度も参加者の相手役を務めてくれたり、お手本としてパフォーマンスを披露してくれたので本当に感謝しています。ありがとう!!




Dsc_0604
そして、みんなで手分けして、衣装を着せてくれたり、カツラをかぶらせてあげたり、ソレイユのメンバー全員が本当にやさしく助けてあげていました。



Dsc_0612
やってみたいけれど、なかなか勇気が出せず客席に座っているこどもや、外から恐る恐る見ているこどもに声をかけて、はげましたり・・・・・。みんな本当によくやってくれました。



Dsc_0615
ソレイユで長年稽古を積んでいる人たちは、ただ歌やパフォーマンスができるだけでなく、人間としても「あったかいんだから~」と歌いたくなるくらい、人の気持ちがわかる人がいるなぁ~と改めて感心しました。




それが大切なんですよね。いくら歌や演技がうまくても、人としての優しさや他人への思いやりが欠けている人は結局、ある程度のところまでしか伸びないんですね。




Dsc_0618
歌うことや演技することの本当の楽しさのを知りたければ、やっぱり一日のイベントでは絶対に無理なので、しっかり地道に練習をしていくしかありません。
でも、今日は限られた短い時間内で練習して、すぐに本番だったのでこれで十分!お祭りだしね。


ラストは、みんなで「レット・イット・ゴー~ありのままで~」の合唱で幕。参加者のみなさん、本当におつかれさまでした!

Dsc_0639
とにかくギリギリまで一人でも多くの人にミュージカルを体験してもらうというテーマはバッチリやり遂げることができたでしょう。本当に疲れたけれど、楽しい一日でした。


難しい歌に取り組めたのはもちろん音楽の専門家、安部先生がいてくれたから。安部先生が参加者にていねいに歌ってあげてくれたから短い時間内で結果をのこすことができました。本当に感謝!


最後になったけれど、ソレイユメンバー以外に、いやもうソレイユメンバーの一人と言っても過言はないでしょうね、おなじみのDaiちゃんも手伝いにきてくれました。

Dsc_0641

彼は本当に朝一番誰よりも早く来てステージの設営から、ビデオ撮影、そして後片付けまで付き合ってくれて、本当に影の功労者でした。

Dsc_0642

▲帰りの荷物まで運んでくれたDaiちゃんとは、樟葉モールのケーキショップでお茶しました。本当におつかれさまでした~!


今年はこども合唱劇団ソレイユ結成15周年ということで、今までやったことないことに挑戦しています。今回のワークショップもそのひとつ。
それも今日で終了したので、これからは7月公演を目標としているソレイユの自主公演「リベンジ・オブ・ザ・キッズスター」の稽古に集中していきたいと思います。
もしかしたら、本番は6月末頃になるかも・・・・・・・・。だって、9月にはこれもソレイユ初のnote時代劇ミュージカルnoteが控えているからね。happy02
すでにお姫さまの着物は用意しています。
Dsc_0578_2
さて、実現するか・・・・?いや、絶対にどんな手を使おうと、一度やると決めたことはやる。それがソレイユのステージ。今までもこれからも同じ。
今年は15周年記念だからいろいろなことにチャレンジします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

明日はいよいよミュージカル体験ワークショップ開催!

今日から楠葉生涯学習市民センターの5月祭が始まりました!

朝のうちは小雨模様でしたが、昼からは晴れて多くの人たちがお祭りにやってきました。
私たち、こども合唱劇団ソレイユは明日が本番です。
3階の第4会議室でミュージカル体験ワークショップを開催します。
ワークショップというのは講座のことです。
簡単に言うと、歌や演技することが好きだけどどうしたら良いかわからない人を集めて、一緒に練習して発表しよう!ということです。
150516_153501_2
今日はソレイユの練習日だったので、メンバーには5月祭に参加してもらって、明日のミュージカル体験ワークショップのことを宣伝してもらいました。
「アナと雪の女王」のアナとエルサの衣装とウィッグをつけて、樟葉モールまで練り歩いてきたメンバーたち!happy02 happy02
Dsc_0590
▲明日はソレイユのベテランメンバーが参加し、歌と演技のお手本を見せてくれるので助かります。
どんな新しい出会いがあるか楽しみです。誰でも参加できるので気軽に部屋をのぞいてほしいですね。
今日もこどもたちが多かったので、もし予想を上回る人数が集まったら、早めに受け付けをしめ切るかもしれませんので、なるべく早くお越しくださいね~!
Dsc_0591
▲近くの公園にも宣伝に行ってくれたソレイユのメンバーたち。ご苦労さま!
Dsc_0595
もちろん、7月前半に上演を予定しているミュージカルコメディ『リベンジ・オブ・ザ・キッズスター』の練習もしっかりやりました!
Dsc_0594
Dsc_0597
Dsc_0598
▲キャストもだんだん決まってきました~!
Dsc_0599_2
▲帰りはみんなで樟葉の駅まで歩いて行きました。途中でお菓子を買い食い!
今日は全員、明日の宣伝などがんばってくれたからね。本当にお疲れさま。
明日、来てくれる人はまたよろしくお願いしま~す。楽しい一日にしましょうね。sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

明日から2日間 楠葉生涯学習市民センター「5月祭」開催!

5月16日(土)・17日(日)の2日間、枚方市の楠葉生涯学習市民センターで毎年恒例の「5月祭」が開催されます。

こども合唱劇団ソレイユは過去に何度も参加させていただき、舞台公演はもちろん、「ソレイユカフェ」と題してホットケーキの専門店を出店してこともあります。

昨年は、オープニングイベントでメンバーの数人がパフォーマンスをさせてもらい祭りを盛り上げました。

今年は参加する予定はありませんでしたが、17日(日)のみ部屋が空くので使いませんか?という事務局の方から誘いがあったので、わざわざ声をかけていただいたのをお断りするのも申し訳ないので、急遽参加することにしました。

しかし、空いている部屋はホールではない小さい部屋だったので、舞台を上演するのはムリ。

そこで、一般のこどもたちにミュージカルを体験してもらうワークショップ(講座)を実施することにしました。

17日(日)一日だけ、朝10時~昼の3時までの限られた時間内しかないので、挑戦する題材はみんながよく知っている映画やアニメが良いということで、今回はディズニーの大ヒットアニメ「アナと雪の女王」にしました。

これなら、ミュージカルやアニメ好きな人なら、わざわざ覚えなくてもすでに歌詞やメロディは知っているだろうから練習の時間を短縮することができるはず。

一人でも多くの人にミュージカル体験してもらいたいと願っています。

衣装やウィッグはすでに用意しているので、あこがれのアナやエルサになりきって、思いっきり歌い、演じてほしいですね。

Dsc_0585

▲すでにアナになりきっている安部先生sign02当日は、安部先生から直接歌の指導を受けることができます。happy02note

Dsc_0580

▲もれなく、雪だるまのお化けもついてきますが……smile

もし参加者が予想以上に多い場合は、先着順になると思います。

アナとエルサになりたい人は、17日日曜日、なるべく早くに第4会議室(3階)に来て、受付を済ましてくださいね。早いもの勝ちですよ~good

もちろん、無料!ですからね。まってま~す!snow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

5月6日のもうひとつのお話

5月6日(木)は安部先生が出演した「東日本大震災チャリティーコンサート」の他にソレイユOGのSakikaさんが出演するバレエの発表会がありました。

こちらも毎年開催されていて、昨年はチャイティーコンサートの前日だったので良かったのですが、今年は公演日が重なったため、安部先生のコンサート終了後、急いで電車に駆け乗って京都の丹波橋にある呉竹ホールへと向かいました。

結果としては、バレエの発表が予想より早く終了したため、公演を観ることはできませんでした。残念!

でも、Sakikaさんには会うことができました。

Dsc_0551

▲終演後、ホールのロビーにて。真っ赤な服にまったく負けてないのがスゴイ!なかなか着こなせないよ、この服smile

ソレイユメンバーのReetanが観に来ていたとのこと。彼女が持っている花はReetanからのプレゼントでSakikaさんも喜んでいました。happy02

Dsc_0550

▲さすがバレリーナ。立ち方のポーズがビシッと決まっています。happy01

3月28日に上演した「ミュージカル 最後の一葉 2015」でも大活躍してくれたSakikaさんは、同時にこのバレエ公演の練習にもほとんど毎日のように通っていました。学校の勉強もすごくがんばっているようだし、本当にデキル人はなんでも一生懸命やるもんです。

しかも、それをやっているように見せないところが一流ですね。good

この公演は6月中に今度は枚方市市民会館でも上演されるようなので、次回は必ず観に行くつもりです。都合の良い人は、ぜひバレエを観てみてください。

小さいこどもから大人まで本当によくがんばっていますよ。とっても勉強になるだけでなく、とてもステキな時間を過ごすことができます。lovely ホント!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

東日本大震災チャリティーコンサート 集 5月6日 ザ・シンフォニーホール

ールデンウィーク中もいろいろなことがありました! happy01

安部り麻先生は6日(木)にザ・シンフォニーホールで「第5回東日本大震災チャリティコンサート」に出演しました。

Dsc_0546

▲このチャリティコンサートには第3回から出演している安部先生。

Dsc_0544

▲ザ・シンフォニーホールの前にある公園でコンサート前の朝に記念写真。

Dsc_0548

▲関西で活躍するクラシック音楽界のアーティスト総勢300人以上が一堂に会し、震災で被災した人々のためにコンサートを開催する。

本当に素晴らしいコンサートで最後は涙があふれてしまいます。安部先生は写真左側の真ん中あたりのソプラノパート。

忙しく活躍している人々が集まるコンサートなので、全体の練習はわずか2回!だから、ある意味プロ中のプロしか参加できないコンサート。その中で歌っている安部先生を見ると、改めて尊敬の念がわいてきました。

Dsc_0549

▲終演後は、ザ・シンフォニーホールのロビーで募金活動に参加。

多額の義援金が集まったようです!……そりゃそうでしょう。あの素晴らしい内容のコンサートを目の当たりにしたら募金せずにはいられません。lovely

ちなみに、ザ・シンフォニーホールの会場・スタッフもすべて無料で提供されているとのことで、本当にすべての善意が結集した奇跡のコンサートだと思います。

毎日、オレオレ詐欺で老人をだまして金を奪ったり、他人の金を流用するような悪いニュースばかりですが、すごいことを実現させるスゴイ人々もいます。

自分の才能を駆使して、世界を変えることができる人。

人々の心を揺り動かし、人の思考や行動に影響を与えることができる人。

それがshine真の芸術家shine

自分ももっとできることをやっていかなきゃっ!という気持ちになりました。sun

最後に一言、やっぱり音楽は素晴らしい!heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

レット・イット・ゴー ~ありのままで~ 

5月16日(土)・17日(日)に楠葉生涯学習市民センターで5月祭があります。                  

 

こども合唱劇団ソレイユは、17日のみ第4会議室でお祭りに参加します♪

 

ミュージカルに興味がある人、歌うこと、演じることが大好きな人なら誰でも参加オッケー!!

 

もちろん参加費は無料!

 

午前10時~午後3時までの限られた時間しかないので、課題曲はディズニーの大ヒットアニメ「アナと雪の女王」から2曲。

 

♪「レット・イット・ゴー~ありのままで~」

 

♪「雪だるまつくろ」

 

ヒロインのエルサ役か、アナ役を選んで、衣装を着て、メイクもして、なりきってもらいます。

 

先週のソレイユの練習では、みんなで練習しました。

 

そして最後には、ソレイユメンバーのhiyoriさんがソロで歌を披露してくれました\(^o^)/

▲さすがhiyoriさんです。歌もパフォーマンスもバッチリsign03 happy01 note

マイク無しでもとてもパワフルな歌声なので、何を言っているか言葉がハッキリと聞き取れます。

音程もしっかりとれていて、ラジカセの音に合わせたとは思えないくらいカラオケの音をよく聞いて、落ち着いて歌を合わせているのが素晴らしいと思います。

一番最後の伸ばす部分は、力を抜いてキレイな声を出しているところなんか天性の才能を感じさせますね。恐るべし、hiyoriさん。coldsweats01

この調子でもっともっと努力して、数年後にはプロの歌手か役者になってほしいですね。good

一発本番でも、みんなの前でこれだけ堂々と歌を披露できるのだから大したものです。

17日のミュージカル体験講座にもこれぐらいのことができる人が集まってくれることを期待しています。

きっとまだまだスゴイ才能を持っている人たちがたくさんいるはず。

ぜひその実力を見せつけに来てほしいですね。まってま~す! sun

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

新たなソレイユメンバー誕生の予感………

今日のソレイユの稽古には二人の女の子が参加してくれましたsign03 happy01

小学6年生と5歳の元気で明るい女の子。

150502_163303

▲5才のAyanoさん。真剣な表情で先輩たちの演技を見ていました。smile

ふたりとも歌うこと、演じることが大好きみたいです。note

見学だけではおもしろくないので、ストレッチから簡単なセリフの練習まで一緒にやってみました。

二人ともとても積極的な性格で、ソレイユメンバーに負けないぐらいがんばっていました。

なかなかやるね~!!good

新しい人が増えると気持ちもフレッシュになるし、以前からいるソレイユメンバーは先輩になることによって前よりもしっかりしてくるし、とてもうれしいことです。

150502_163201

1ヶ月間舞台の練習を体験してみて、本当にやってみたいと思ったら正式入団です。

ぜひソレイユの新メンバーとなってオリジナルのミュージカルを一緒にやっていきたいと願っています。

今年は7月前半に1本、9月に1本、11月には枚方市民合唱祭に出演し、できれば12月にも1本ミュージカルを上演する予定です。 

少しの勇気とチャレンジする気持ちがあれば、数ヶ月後にはもう一緒に舞台に立っています。

ミュージカルは本当に楽しいですよ~!

このブログをチェックしていて、ソレイユの活動に少しでも興味を持っている人はぜひ体験練習に参加してくださいね。

体験レッスン希望者は下記アドレスへメールで気軽にお問い合わせください。

nre04613@nifty.com

または090-4490-1147(安部)まで直接電話でお問い合わせください。

※仕事中でとれない時は後ほど電話かけ直させていただきますのでよろしくお願いします。

みんなで待っていま~す!sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »