« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月19日 (日)

またまた一から仕切り直し!

事実は小説より奇なりという言葉がありますが、まさに現実の世界で起こることの方が創作物のドラマより面白く、想像を超えています。

こども合唱劇団ソレイユは、3月末に上演した舞台『ミュージカル 最後の一葉 2015』以降、夏の舞台発表に向けて稽古を重ねてきました。
しかし、想定外のいろいろなハプニングが次から次に発生して現在迷走している状態です。

その様子は客観的な視点からはまさにコメディです。めっちゃ笑えます。happy02
こんなこと起こるか?!と思うことが、次から次に起きて当たり前のことが当たり前に進まない状況に陥って、思わず首をかしげたくなるのですが、現実はドラマのように思ったようにならないものです。 coldsweats02
でも、舞台の本番が8月29日に決まっている以上、その目標に向かってとにかくやるしかない!

こども合唱劇団ソレイユは今年結成15周年を迎えましたが、同時に
正念場を迎えているようです。

まぁ、常に毎年が正念場の連続で15年間もやってきたのですが、今の状況は例年になく厳しく感じます。

この状況を乗り切れるか
?ソレイユのshine真価shineが問われているようにも思えます。

舞台作品は、さまざまな人間が集まり、ひとつの題材に取り組み、稽古を重ね、世の中に発表するものです。

これは多分、演劇という芸術がこの世に生まれた何千年も前から同じで、これから数千年後の未来もそれほど変わらないと思います。

舞台は映画やテレビドラマと違って、生(リアルタイム)で観客の前で観せるものなので出演者たち一人ひとりが背負っている責任が大きいのです。

その責任の大きさは、こどもであろうが大人であろうが、長年やっている偉大な俳優であろうが、最近始めた新人であろうが、すべて同じなのです。

役の大きさもまったく関係ありません。


人間は皆それぞれいろいろな事情や思いを抱えて生きています。そのさまざまな人々が同じ場所に集まり、同じ時間にひとつの舞台を発表する。



それは本当にshine奇跡shineに近いのかもしれません。


でも、毎日、世界のどこかで何かの舞台が予定した通りに上演されているのだから、毎日が奇跡の連続なんだなぁ~と思います。
こども合唱劇団ソレイユも15年間でたくさんのステージをやってきたのですが、そのいろんな舞台に関わった出演者たち一人ひとりが自分の役割を最後まで果たしたからこそ舞台作品や歌のステージを上演できてきたのだということを改めて感じます。

それは当たり前なんだけどやっぱいスゴイことなんだと思います。

8月29日に上演を予定していた『ミュージカル リベンジ・オブ・ザ・キッズスター』はさまざまな事情から演目を変更することにしました。

とってもおもしろくて、重いテーマを持った作品だったので上演できないのは残念です。今期のメンバーでは縁がなかったのだと思います。

『リベンジ~』に代わって、本日から新たな作品の稽古を開始しました。

本来ならこんな形でやるべきものではないかもしれませんが、とにかく今は、常に稽古に参加しているメンバーと共に上演できる作品を探して、あと1ヶ月で間に合う可能性がある作品を見つけたので、本読みを開始しました。

この作品はこども合唱劇団ソレイユで過去に一度上演した作品です。

さて、正式に発表できるか
sign02

もうすでに2度も本番上演日を延期しているので正直言って自信はありません。
shock

出演者たち一人ひとりが自分の役割を果たしてくれることを信じるしかありません。


今までと同じように、やるだけやります!! 


こんな時だからこそ笑顔でガハハとがんばりたいと思います。sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

公演延期のお知らせ

7月11日(土)南部生涯学習市民センター・大ホールで上演を予定していた『ミュージカル リベンジ・オブ・ザ・キッズスター 2015』は諸事情が重なり、延期することになりました。coldsweats02

公演を楽しみにされていた人がいましたら、本当に申し訳ございません!

もともとは6月中に上演してしまうつもりで企画した舞台でしたが、これで2度目の延期となり、今までの経験からいっても異例の事態です。

今現在、8月の末か、9月最初の土曜日を延期日に想定して調整しております。正式に決定次第ご報告しますのでもうしばらくお待ちください。

すでに2度も延期しているので、もしかしたら今期のメンバーでの上演はshine
shineとなる可能性も出てきました。

でも、とってもがんばっているメ出演者もいるので、最後の最後まで上演するための努力は続けます。

これを乗り越えて上演できたら、それはそれできっとステキな舞台をお届けできると思います。

もしダメなら、それはそれでソレイユ15年間の歴史の中で思い出深い出来事になるでしょう。

失敗や挫折を味わうことも人生には大事なことだし、反省しさらに努力していくだけのこと。

もしかしたら、うまくいっていると思っている時ほど実は停滞してて、ぜんぜんアカンなぁ~と思っている状態の時が次なる飛躍への一歩前なのかもしれません。ボクは常にそう思っています。

肝心なのは、何があっても情熱を失わないことだと思います。

ぼくと安部先生はどっちみち舞台活動しかないので、これからも自分たちで楽しくやっていきます。もちろん、ソレイユのメンバーと舞台ができたら最高ですが……。

今年から来年2月まで舞台の予定はたくさんあるので、できる限りがんばっていくつもりです。good

まぁ~どうなるか、ドラマを見るつもりで見守っていてください!!sun



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »