« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

今回の公演を終えて……やっぱりお芝居は楽しいもんだ〜

一昨日の公演がカーテンコールを迎えるまでは舞台への情熱が少しだけダウンしていました。 shock 

ここ数か月間のうちに
「…なんだかなぁ〜?…いったいどうなってんの?」と思うことが度々あったので……。 sweat02


今までいろいろな人に出会い、いろいろな人との別れを経験し、精神的にかなり
impactタフimpactになったと思っていましたが、まだまだ修行が足りませんね。 weep


でも、舞台の本番が始まったら、そんなtyphoon
モヤモヤtyphoonした気分がスッと消えて、舞台に集中することができました。

舞台の本番は日常生活では体験できないshine
ミラクルshineな時間です。 happy01

P1010097b

舞台袖で出演者であるソレイユのメンバーやゲストの出演者たちのがんばっている姿を見ると、少し
うるっ…sweat02ときてしまう瞬間があります。

演出という立場上、何度も同じミスをしたり、絶対に落としてはいけない場面で
出トチリしたり、心のこもってないテキトー演技をしている人には、キツイ言い方や激しく注意することも多々あります。 pout

鬼のように言ってあげないと、本人がその事の重大さを自覚しないので、誰であろうとどんな状態でも言う時はガツンsign03と言います。

心の中では「かわいそうなことしたなぁ~。まだこどもだし、プロの役者でもないのに……」なんて少し反省します。

でも、たとえ入場無料の公演でもお客様を呼ぶ以上、今できる最高の舞台を見せる責任があるので、そのために必要なことを自覚させるのが責任者である自分の仕事だから、やっぱり言うしかないんですけどね…。 despair 

P1010054a


もう少し大人だった10のうち10言わなくても、2か3ぐらいでわかるから楽だと思いますが、ソレイユメンバーはまだ小学生や中学生で、人間としてあらゆる経験がまだ無いし、人間の微妙な感情や心の変化もこれから実体験で知っていく段階。

そんな未熟な子どもが、「ハッピー!」や「悲しい」という感情以外の微妙で繊細な人間のflair
心を葛藤flairを演じるのだから、わからない部分がたくさんあって当然ですよね。

P1010052b


いろいろな意味で子どもには難しい台本を使っているとは思います。

でも、だからこそ
「こども合唱劇団ソレイユsunなんです。

そんじょそこいらの子どもミュージカルや学校の学芸会の延長のような作品を上演する気はさらさら無いので……。

舞台を上演する以上、子どもたちが中心のお芝居であろうが、その日、日本で上演される舞台の中で最高のテーマを扱っている内容の芝居をしたいと常に思っています。

P1010024a

もちろん、入場無料だし、予算はできるだけないようにしているので、見てくれは質素でぜんぜん派手なことはできませんよ。 moneybag

でも、見た目だけ豪華で、照明や音響や舞台装置や衣装なんかばかり派手で、へたなのに数千円の入場料を徴収する内容の薄い作品が世の中に溢れているから、そんなモノはやりたくない!と思っています。 despair

ソレイユのメンバーには、「本当に良いドラマ」と「そうでないドラマ」を見極める目を養ってほしいと常に願っています。 eye  eye  eye

P1010061a





だから、たくさん本を読んで、名作と呼ばれる映画や舞台を観て学んでほしいと思います。実際、ぼく自身も小学生の時にたくさんの映画を見て、人間の感情や人生について学びました。 slate    book    tv


今はスマホやいろいろなもので情報が手軽に素早く手に入るから、それで満足している人が多いと思いますが、名作映画や舞台作品には自分の人生観や価値観が変わってしまうほどのスゴイ作品があります。


世界には素晴らしい役者が星の数ほどいます。その中でも多くの人々の人生を変えてしまうほど影響を与えられる役者がいます。 run    run    run

こども合唱劇団ソレイユのメンバーにそういう偉大な役者が出ない理由は無いので、本気で勉強し、本気で将来役者や歌手やダンサーなどのアーティストを目指してほしいと願います。   fuji    fuji    fuji

P1010042a


一昨日の本番の写真を見ていても、役者の顔や表情をしている人がいます。 

P1010092b


誰にでもその才能はあるのでしょう。あとは本気で目指す勇気と行動力があるか?


ただ立っていても向こう岸にたどり着けない。泳ぎださないと。good


そして一度泳ぎだしたら、岸に着くまでガムシャラに泳ぎ続けないと沈んでしまう。

何をやるにしても、どんなことにも情熱を失わずやり続けられるかが問題。

やっぱり一番好きなものしか続かないと思いますね。

ご飯を食べるのも忘れて、他のことをほったらかしにしてでもずっとそのことをやり続けていられるくらい好きなら、それは本物なのでしょう。


ボクにとってはそれがお芝居でした。お芝居が好きという気持ちは子どもの頃から今までずっと変わっていません。

だから、お金なんか儲からなくても、舞台をやる度に少し赤字が出ても、ちょっとした裏切り行為を受けても……やっぱり舞台を続けているのだと思います。

P1010096a

舞台をやってるとそんなことど~でも良くなってしまうからフ・シ・ギ…smile

一昨日の舞台を上演中に改めて実感しました。

やっぱりお芝居は最高sign03 sun

P1010104a


気持ちはすでに次回作へ……でも、こればっかりは自分の想いだけではムリなので、出演してくれる人を募集しなきゃっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

速報 「スペースオデッセー 歌声くらべ」 無事終幕!

昨日29日(土)南部生涯学習市民センター・ホールでの公演は、どうにかこうにかやりきることができました! happy02

P1010105a

▲終演後にいつもの集合写真(ねつ造爆笑バージョン!)



本番まではいろいろなハプニングが起こり、2度の
本番延期公演内容の変更などで稽古期間はわずか1ヶ月、5回ほどの練習しかできませんでした。

P1010031a

本番当日まで「本当にできるかな?」「また何か起こるんじゃないかなぁ~」と不安を抱えながら稽古をしていました。

ですから、今回はチラシやポスターで大々的に宣伝できなかったし、ソレイユメンバー以外の人にたくさん声かけすることはしませんでした。

自分たちがちゃんとできていないのに、外部の人を巻き込むことはできませんから。

P1010034a

▲本番1週間前に一度だけ稽古に参加し、本番を迎えたTerukaさん。強引な誘いを快諾してくださって(してないsign02  coldsweats01 )ありがとうございました!次回作もお願いしま〜す!



それでも、大人の役でTerukaさんと昔からの親友であるYakushiさんに出演していただきました。お二人にも心から感謝申し上げます。

P1010086a

▲ピアニストのYakushiさんの熱演は素晴らしかった!happy02



予想を上回る数のお客様が劇場に足を運んでくださったので本当にうれしかったです。

暑い中、遠い場所まで来ていただいたすべてのお客様に感謝申し上げます!

そして、ソレイユのメンバーにも今回は拍手を送りたいと思います。

短い稽古期間でよくやりきってくれたと思います。

P1010074a


舞台の難しさは、数人が集まって上演する芸術である以上、一人が良くてもダメだということです。

出演者やスタッフも含めて公演に関わる全員が自分の仕事や責任をやり抜かなければいけないということです。

P1010035a


こどもであろうが大人であろうが、年齢や性別、経験値や能力も関係なく、舞台に立てば自分のできる最大限の力を発揮しなければなりません。


そういうことを考えると本当に舞台は怖いものです。

P1010041a

出演者のこどもたちを信じるしかありません。きっと最後までやってくれるだろうと……

P1010114a

▲応援に来てくれたソレイユ美少女&美女軍団!次回はぜひ一緒に舞台で共演を…

でも、考えたら今まで15年間もそうやって活動や公演をしてきたんですよね。

振り返ってみると、今まで過去にいろんなメンバーがいましたが、本当によくやってくれましたねぇ。

いろいろありましたが、そのおかげで7年間も本棚に置いたままにしていた「歌声くらべ」を再演することができたので、ある意味ハプニングに感謝したいと思います。

P1010096a

人間は10秒後に何が起きるかもわからない悲しい生き物です。

それが数か月先のことを計画し、それに向かって別々の環境に生きる人々が一緒になって一つの作品のために行動するのだから、毎回の舞台公演はある意味「奇跡」の連続なんですよね。

P1010057a

今回も予想もしなかったshine
小さな奇跡shineがおきました。heart04

それは次回に書くとして、とにかく公演にお越しいただいたお客様だけでなく、ゲスト出演してくださった方々、そして出演者であるソレイユメンバー一人ひとりとその保護者の皆様にも、このブログを借りてお礼を申し上げます。

本当に心からありがとうございました!sun


P1010098a


内容についてはまた次回以降にくわしく書きます。smile

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報 「スペースオデッセー 歌声くらべ」 無事終幕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

いよいよ明日本番!「スペースオデッセー 歌声くらべ」

明日29日(土)南部生涯学習市民センター・ホールで「こども合唱劇団ソレイユ」2015年夏公演『スペースオデッセー 歌声くらべ』を上演します。


日本の偉大な作家、山本周五郎さんの知られざる名作『鼓くらべ』を舞台化しました。

芸術の道を志す者なら一度は向き合うべきテーマです。でも、こどもから大人まで楽しめる作品ですから、ぜひ観に来てくださいね。

開演は午後5時。入場は無料ですから、お気軽にどうぞ! sun

まだまだ先の話ですがソレイユが出演するので宣伝しておきますね。

時代劇おぺら
「どん・じょばんに」 W.A.モーツァルト作曲
~枚方八景 桜千年ものがたり~

↓クリックしたらチラシが見られます。wink

http://www.hirabunkoku.or.jp/pdf/20160221_jidaigekiopera.pdf

予定通りいけば、来年の2月は枚方市市民会館の大ホールの舞台に立てるかも……しかも、時代劇の衣装を着て。ちょっと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

本番前最後の特別練習実施!

29日(土)の本番がいよいよ近づいてきました!happy01

週間天気予報だと当日は晴れそう。sunsunsun

昨夜は午後5時半~午後9時までshine特別練習shineを実施しました。

Dsc_0903


主要キャストでまだまだ練習が足りず、セリフも覚えきっていない人がいるので時間ギリギリまで稽古しました。

今回、7年振りに急きょ再演することになった「歌声くらべ」

Dsc_0901

わずか1ヶ月、数回の稽古で公演を行うという傍から見れば「無謀」とも言えるチャレンジですが、ソレイユのメンバーはよくやっていると思います。

※プロの世界の尺度で考えればぜんぜん余裕でできるはず、というよりできなきゃプロではありませんが、ソレイユのメンバーはプロではないので…… sad

でも、本番当日まであと3日もあるので、できる限り自分で稽古して本番に臨んでほしいと思います。

なお、「スペースオデッセー 歌声くらべ」の主要キャラクターである王子役はshineTerukashineさんにお願いしました。

Dsc_0897


正式なオファーが本番1週間前、わずか1回の稽古です。happy02

でも、昨年2本の舞台「ザ・オーディション!~ちょっとおバカで可愛い4人の挑戦者たち」 「ミュージカル 幽霊屋敷のハムレット」で大活躍してくれたTerukaさんなのできっとがんばってくれると思います。

Terukaさんには次回の新作ミュージカルにも出演していただきたいと思っているので、その前にかる~くウォーミングアップのつもりで舞台を楽しんでほしいですね。

ちなみに、次回作は「幽霊屋敷のハムレット」の続編になりそう……年末に上演予定ですが、さてどうなるか! smile



「スペースオデッセー 歌声くらべ」の内容は「そんじょそこらのこどもミュージカル」ではありませんから、オトナも本気で観に来てくださいね。

Dsc_0866

こどもの舞台だからといって当たり前のようにお手軽お気軽なハッピーエンドheartを期待してくるとラストできっと座席からのけぞると思いますよ。lovely

舞台は生もの。一回きりの出会いになるので、都合が良ければ必ず観に来てください!

本番は午後5時開演です!よろしくお願いします sun

Dsc_0871_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

スペースオデッセー  歌声くらべ 

みなさんよろしくお願いしま~す!happy01

Utagoekurabe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

いよいよ本番まで1週間!「スペースオデッセー 歌声くらべ」

本番は8月29日(土)南部生涯学習市民センターです。

開演はshine
午後5時shineに決定しました。開場は15分前です。

上演時間は約1時間ちょっとです。

もちろん、入場無料ですから気軽に観に来てくださいね!

昨日はシント役のDaichi君と夜に少しですが特別練習しました。happy01

Dsc_0863

△今回もソレイユの舞台のためにいろいろヘルプしてくれると思います。よろしくお願いしま~す!

そして、もう一人急遽ゲスト出演をお願いした人がいます。明日の稽古から参加してくれるようです。本番一週間前なのでかなりムリを言ってしまいましたが、その人ならきっと大丈夫だと確信してます。

明日、稽古してみて大丈夫であれば正式に発表します!


今回の舞台は数百年後の未来、地球とは別の星が舞台になります。

……ということで、今回はみんな
異星人の役です。happy01

Dsc_0854


△映画『アバター』の登場人物みたいな肌の色だったり……

Dsc_0860


赤鬼みたいな肌の色だったり………

きっと仮装大会?ハロウィンみたいなにぎやかな舞台になると思います。

出演者のメンバーたちに「やってみる?」と聞いたら、

「やる!やる!」とみんなノリノリだったので、先に自分でチャレンジしてみました。

さて、本番でどうなるか?みんなちゃんと自分でメイクできるかなぁ…?

できればちょっとプロの仕事に近づくけれど、根性あるかな?smile

本番の舞台をぜひお楽しみに~sign03 sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

お盆休み返上で猛レッスン! 「スペース・オデッセー ♪歌・声・く・ら・べ♪」

いよいよ8月29日(土)上演の『スペース・オデッセー ♪歌・声・く・ら・べ♪』の本番が近づいてきました!note


昨日はお盆期間中なので練習を入れようか迷っていたのですが、やっぱり休んでいる場合じゃない!ということでメンバーを召集しました。

ほとんどのメンバーが参加し、稽古時間も夜7時過ぎまで延長したので良い稽古になりました。保護者の皆様、ご協力いただき本当にありがとうございました!

もともと諸事情で予定していなかった作品を上演することになり、稽古期間も本当ならもっと必要なのですが、今がんばっているメンバーはみんな能力が高くて、理解力もあるし、なによりタフなので、きっと8月29日の本番には仕上がると確信しております。

作品の内容も、原作のテーマをしっかり残しつつ、ソレイユ独自の世界と音楽を構築できたと自信を持ってお届けできる舞台となりました。

原作がある作品を上演する場合にもっとも注意をしているところは、原作者の思いや伝えたかったことを尊重した上で、舞台設定を変えたり、新たなキャラクターを創造することです。

過去にもO・ヘンリーの「最後の一葉」やO・ワイルドの「幸福な王子」をミュージカル化しましたが、すでにこの世にいない作者から
「なかなかうまく舞台化してくれたね」と認めてもらえるような作品にすることが素晴らしい物語を残してくれた原作者への恩返しであり、自分たちの役目だと思います。

たまに、原作のテーマを勝手に改変(改悪)したり、いかにも自分が考えたオリジナル作品みたいに言うニセ芸術家もいますが……そんな輩(やから)にだけはならないように常に気を引き締めています。 pout

そして、ソレイユの舞台を作る時にもうひとつ気をつけていることは、出演してくれたメンバーたちが成長しオトナになった時に誇れる作品であることです。

こどもの時には理解できなくても、勉強やさまざまな経験を積むことで見えてきたり、なるほど!と納得できることがあります。


だから、お気軽お手軽なハッピーエンドや夢物語を提供しようなんて全然思いません。今の世の中、テレビドラマも映画もそんな作品であふれているから、それは彼らに任せておけば良いと思っています。

ソレイユの舞台は、観てくださったお客様が「良かった!」「がんばってたね!」なんて単純な感想を言われないものを目指しています。

賛否両論あったり、観客一人ひとりが自分の身になって真剣に考えずにはいられないテーマを届けたいと思っています。いわゆる問題作ですね!

今回の
「スペース・オデッセー ♪歌・声・く・ら・べ♪」はそういう深く、普遍的なテーマを持った作品になりました。

この作品に出演するメンバーたちが10年後、20年後に自分自身を誇りに思い、50年、100年経っても何度再演しても古くならないテーマを持った芸術作品です。

みなさん、ぜひ直接劇場までお越しいただき、ご自分の目と耳とあらゆる感性でソレイユの舞台を観に来てくださいね!

団員一同、心を込めて演じますので、よろしくお願いしま~す!

■8月29日(土)南部生涯学習市民センター・・ホール


開演時間はまだ正式には決まっていませんが、多分午後4時か、5時開演になると思います。もちろん
入場無料ですから、気軽にお越しください。

気軽に観に来て人生が変わるほどのimpact衝撃impactを受けるかも…sign02 happy01 

Dsc_0833

▲主役のルイとウタを演じるReetan&Hiyori。二人がどんな熱演・熱唱を披露してくれるか楽しみです。


Dsc_0827

▲重く、暗いテーマの物語で唯一明るさや笑いを届ける最重要キャラのレイアを演じるのはソレイユの看板女優Kaeさん(中央)。彼女のぶっ飛んだ演技は必見ですよ!

左は王子の付き人のマルを演じるMisaki。彼女もこれから期待の女優。

右はルイの妹のケイを演じるKotone。ソレイユ舞台デビュー作でとても複雑な思いを持つキャラクターのケイを演じます。彼女は演技派になる予感……

Dsc_0828

▲物語のクライマックス「歌声くらべ」の決勝戦で歌うオリジナルソングを猛特訓するReetanとHiyori。

あえて歌詞を付けず音符だけの曲なので、あらゆる歌声を駆使して表現しなければなりません。声楽家が練習で使う「コンコーネ」や「コーリューブンゲン」のような曲を安部先生に作曲してもらいました。 happy02



Dsc_0806

▲他にもさまざまなキャラクターが登場します。その紹介はまた今度……sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

運命的な出会いのひとつ

人の一生は長いようで短いものです。

せいぜい生きても70年か80年。メチャクチャ長生きしても100歳くらいでしょう。

それも医療が発達し、栄養のある食べ物などが豊富に摂取できるようになった最近のこと。


数百年前までは多くのこどもたちは成人する前に死に、運良く成長したとしても50歳くらいが平均寿命。70歳以上だとそれはスゴイ長生きだったようです。

だからなんやねん!と言われそうですが、何が言いたいかというと、その短い人生で人は必ず運命的な出会いがあると思うのです。

生涯を共に歩むパートナーや子ども、友達も含めた運命的な人との出会い。



そして、人生を左右したり、常に心のどこかに寄り添うことになる文学や映画や音楽など芸術作品との出会い。



次回の舞台となる
スペース・オデッセー ♪歌・声・く・ら・べ』の原作である山本周五郎さんの『鼓(つづみ)くらべ』はまさにそんな運命的な出会いの物語です。


『鼓くらべ』は安部先生が指揮と指導している女声合唱団「ロザ」の団員の女性が安部先生に貸してくれた本の中に収録されていた短編小説です。

素晴らしい話があると教えてもらってなんとなく読んだ本当に短い話が、自分の人生を左右したり、一生涯のテーマになるなんて、その時にはまったく考えてないはずですが、振り返るとやっぱり運命の出会いだったのかと思います。



すべて芸術は、人の心を楽しませ、清くし、高めるために役立つべきもので、そのためにだれかを負かそうとしたり、人を押しのけて自分だけの欲を満足させたりする道具にすべきではない。


主人公のお留伊(ルイ)にある老人が言うセリフを読んだ時、なるほどなぁ~と感じました。

その後も度々思い出しては、だんだん大部分を占めるようになっていきました。


いつしか「鼓くらべ」を舞台化したいと思い、こども合唱劇団ソレイユの当時のメンバーに出演してもらって上演しました。


舞台設定を大昔のある王国に変え、「鼓」ではなく「歌声」に変えました。

その当時はまだミュージカルなんて作っていない時だったので、音楽はボブ・チルコットさんの
「リトル・ジャズ・ミサ」を歌わせていただきました。

今回は安部先生が「歌声くらべ」のオリジナルソングを作曲してくれました。お楽しみに!




shine名作・傑作shineと呼ばれる作品は、テーマ(主題)が永遠不変的なものなので、時代背景や登場人物を変更しても、どこの国の人々にも、いつの時代の人々にも必ず伝わります。

決して古くならないし、今後も輝きつづけるでしょう。

今回の『スペース・オデッセー ♪歌・声・く・ら・べ♪」は前回の時とは逆に数百年後の未来のある星を舞台にします。



地球で核戦争が起きて、人類が地球を離れ、バラバラになり、放射能やさまざまな化学兵器の影響で遺伝子や人間の五感に異常が発生し、歌を歌ったり、音楽を表現できる能力を失ってしまった未来世界。


その中で、何千万人に一人くらいの確率でごく稀に歌を歌える能力を持つ人がいるという設定です。

そんなことありえへんやん!と今のメンバーが言ってました。

でも、実際にいろいろ調べてみると、歌を歌えない人、音階を理解できてもそれをまったく表現できない人は通常でもいるようです。

今年は戦後70年の節目の年。

テレビや雑誌で毎日のようにかつての戦争がどれだけ悲惨なものだったか報道されたり、戦争をテーマにした映画などが放映・上演されていますね。

でも、年末には「
スター・ウォーズ」の新シリーズが始まります。

よ~く考えると変な年ですね。

だからソレイユの舞台もスター・ウォーズを意識した(パクった
sign02)お客様がぶっとぶような内容にしようと思っています! happy01
ぜひ、ご期待ください sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

スペース・オデッセー♪歌・声・く・ら・べ♪ キャスト           

「歌声くらべ」という世界一の美声を決めるコンテストの代表に選ばれる主人公ルイ役は、こども合唱劇団ソレイユの今や看板女優に成長したReetan

Pic_0065_2



ルイと決勝戦で争うライバルのウタ役には
Hiyori。彼女も実力派!

Pic_0122


舞台のクライマックスはルイVSウタのバトル!

ReetanとHiyoriの美声を競う戦いは見ものです。
happy01






風来坊の若者(男?女?)レイア役はKaeさん。

Pic_0075



ルイの妹、ケイ役にはソレイユ期待の新人
Kotone

彼女にとってはこの役がデビュー作。

Pic_0284_2




ルイを優勝させるために派遣された王室の警護隊長、ケント役は
Kanon

P1000369




ケントの相棒、シント役は
Daichi

P1000371_2


王子の側近で世話役のマル役はMisaki

Pic_0229_2





マルの相棒、ラン役はMio

2014_1122_k5_0464_2





ウタの親友、ペチカ役は
Rune


Pic_0174


その他の役は正式に決定次第お伝えします! sun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

ハプニングやトラブルを乗り越え・・・・あっと驚く新企画!!

こども合唱劇団ソレイユ2015年夏公演は8月29日(土)南部生涯学習市民センター・ホールです。

公演作品は・・・・・・・・

shineスペース・オデッセーshine 歌・声・く・ら・』 

この作品の原作は山本周五郎さんの『鼓(つづみ)くらべ』です。

こども合唱劇団ソレイユでは2007年に一度だけ上演した作品です。
今回、もともと上演するはずだった「ミュージカル リベンジ・オブ・ザ・キッズスター』が諸事情で上演延期になってしまったので、大急ぎで別の作品を探したところ、今のメンバーでできる作品で最高のモノが見つかりました!

これでダメならもう今季はダメ!もうお手上げ!もうや~め~たっ!

でも、絶対そうならないようにがんばりますっ!

P1000504_2
▲2006年初演時のポスター。懐かしい顔がいっぱい!




公演の直前に想定外のトラブルが続き、予定していたミュージカルコメディから真逆のシリアスで壮大な物語に方向転換することになりました。

しかし、この「歌声くらべ」もいつか再演したいと願い続けてきた作品なので、この機会をチャンスに変えて、みんなでチャレンジしたいと思います。


ストーリーはとってもシンプルです。

歌声の美しさを競うコンテストが開催されることになり、国の代表に選ばれた少女、ルイ。

優勝を目指してレッスンを続けているが、ある老人と出会ったことで「音楽」の本当の意味を知ることになり・・・・・・・・・・・・。さて、結末は????


今回は、初演とはまったく違う舞台設定になる予定です。お客さまがあっと驚くビジュアルにしますからご期待ください!


キャストも決まりました!

明日、発表します 
happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »