« 2回目の夜間特別練習 無事終了 | トップページ | 今日はいよいよ衣装合わせ!……一足お先に衣装合わせ・ズラ合わせ!? »

2016年7月21日 (木)

舞台をやるということは……本気で遊ぶこと。中途半端じゃできない遊びだよ!

今年初の自主公演となる『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』

年が明けた時には
『ミュージカル 幽霊屋敷のハムレット』shine続編shineとなる作品を上演したいと思って構想を練っていたのですが、今年はW・シェイクスピアが亡くなってちょうど400年という記念の年だと知り、急きょウィリアム少年を上演することに決めました。 smile



稽古をしてみて改めて思うのは、本当になんて
オモシロイ作品! (自画自賛でゴメン lovely )

でも、こんなスゴイこどもミュージカル、他にある? ……ないでしょっ。

物語がオモシロイのは当然として、とにかくミュージカルナンバーがハンパなくスゴイ!note

これは関西二期会の会員としてずーっとオペラと関わってきた安部り麻先生だからできた仕事なんですよね。

オペラと同じで、セリフにメロディがついているとても難しい歌もあります。でも、だからこそ飽きることがないんですよね。


ミュージカルナンバーとは名ばかりの、単純なコード進行と同じテンポで出来た、歌謡曲みたいな歌は絶対に作る気はないようです。

だから、コードは縦横無尽に変化するし、テンポも早くなったり、スローになったり、1曲の間にさまざまな
ドラマが展開するんです。

これはもうshine
職人技shineとしか言えません。誰もができる芸当ではないでしょう。

今まで過去3回上演し、公演に出演した数々のソレイユメンバーたちが挑戦しました。


2010年の初演キャストは、何も無いところからよくやってくれたと思います。

今、初演の公演DVDを見直してみると、本当によく上演できたなぁ~、みんなよくがんばったんやな~と感心しますよ。本当に……

その後2回の公演もよくやったと思います。

でも、どの公演もやっぱり完璧ではないし、不満な点もたくさんあります。(満足したら終わりなので当たり前ですが…)

いつか
プロフェッショナルな役者や歌手をキャスティングして、どこで上演しても恥ずかしくない『ミュージカル ウィリアム少年の夏』を上演するのがheart04heart04

まずは今いる最高のメンバーと31日(日)の公演を成功させることが目標。

ちょっと風邪が流行っているみたいなので
体調管理には気をつけて!外から帰ったら手洗い&うがいを忘れずに。そして睡眠をよくとること。confident

そして何より大切なのはpunchannoy
気合いannoypunch

絶対に風邪なんかひかないと思い込むこと。自分が病気なんかしたら他の共演者たちに迷惑かける!と思えば、絶対にカンタンに病気になったりしないものです。

先生たちがこの15年間、公演に穴をあけたことないんだから!smile smile

本番まで後1週間ちょっと。

自分の任された役を一所懸命に
責任持ってやり遂げるのは当たり前の話で褒められるようなことではない。

自分のこと以外に目を配り、気を使えるようになってきたら、まぁまぁ一人前に近づいてきたと認められるかな。……そこまでの域に達した人はほんのわずか。

歌や演技がうまい人間なんて世の中にたくさんいる。そんなものは練習すれば誰でもそこそこできるようになる。

大事なのは
「この人となら一緒に何かやりたい」「この人なら信頼できる」と思ってもらえるように誠心誠意全力で取り組む姿勢。

これは舞台だけに限らず、どの世界でも必要!どんな仕事をする人でも同じ。

「おはようございます!」「おつかれさまでした!」の挨拶や、感謝の気持ちを表す「ありがとうございます!」などは何度言っても、相手にとって迷惑にならないし、自分も全然損をしない言葉。だから、どんどん使うべし!happy02

「笑顔」も同じ。笑顔も1円も必要としない、誰でもできる表現。これも必要な時にどんどん使うべし。 happy01

反対に、他人の
悪口陰口(かげぐち)は絶対に言わない!どうしても我慢できな時は家で家族にだけ話して聞いてもらう。

外で他人の悪口ばかり言っていると、結局巡り巡って自分が言われるようになり、友達も失うもの。だから絶対に他人の陰口は言わない! bearing

世の中には悪人もるけど、本当にスッゴイ人がたくさんいます。一見、普通に見える近所の人にも実はスゴイ人がいるものです。 delicious

自分よりも素晴らしい人を見て、どんどん見習うべきところを吸収すること。

人間、学ばなくなったらおしまい。生涯、学びの道を突き進むべし!

お芝居をやるということは、さまざまな登場人物から、いろいろな人生を知ることができます。

成功する登場人物、失敗する登場人物。

善人ばかりのドラマなんてありえないから、悪人の考え方や行動から
「悪」についても知ることができる。悪人には悪人なりの言い分があるもの。

この『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』にもいろいろなキャラクターが登場します。

いろいろな登場人物からさまざまな人生を感じてもらえたら幸いです! sun

|

« 2回目の夜間特別練習 無事終了 | トップページ | 今日はいよいよ衣装合わせ!……一足お先に衣装合わせ・ズラ合わせ!? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508556/63934966

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台をやるということは……本気で遊ぶこと。中途半端じゃできない遊びだよ!:

« 2回目の夜間特別練習 無事終了 | トップページ | 今日はいよいよ衣装合わせ!……一足お先に衣装合わせ・ズラ合わせ!? »