« 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ① | トップページ | 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ③ »

2016年8月 3日 (水)

『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ②

『ミュージカル ウイリアム少年の夏 2016』のもう一人の主役となるのが太陽座の劇団員ジェラード

ジェラード役はそっくり瓜二つの容姿を持つ
ジュリーと一人二役演じなければなりません。

女性のSAKIKAが男役を演じ、男同士の恋愛に悩み、さらに男に変装した女として男と恋に落ちる……ややこしい!coldsweats01

2016_0731_k5_732

演じてくれたのは2010年の初演で同じを役を演じてくれた
SAKIKA

今回、6年ぶりに同じ役に復帰してくれました。 happy02  heart02

134

▲6年前の初演時のSAKIKA。当時はガリガリクロクロの女の子でした smile

2016_0731_k3ii_0104

▲……6年過ぎて、ステキな女性に成長したSAKIKA。別人みたいsign02 coldsweats01


2016_0731_k3ii_0695

▲森の妖精プークにほれ薬を飲まされたこどもたちに愛されてしまうジェラード。

2016_0731_k5_446

2016年版

129

2010年版の同じ場面。見比べると成長が一目でわかってとても感慨深いですね。 confident 


2016_0731_k3ii_0812


▲クライマックスでついに自分の生きるべき道を見つけたジェラードは、自分の意志で王室へと旅立っていきます。

ここで歌う
「♪ジェラードの決意」は物語の前半でブライアンがジェラードに向けて歌う「♪役者稼業」のアンサーソングとなっています。 note  good

2016_0731_k5_734


『ミュージカル ウィリアム少年の夏』は劇作家ウィリアム・シェイクスピアの成長物語であると同時に、自分がなんのために生きているのかわからないジェラードが自分の道を見つける成長物語でもあります。二重構造ですね。

2016_0731_k5_467

2010年版と今回の2016年版を観た人にとっては、ジェラード役を演じたSAKIKAの成長物語も目の当たりにすることになり、つまり三重構造の物語を体験したことになります。演劇は本当にオモシロイものです……lovely

2016_0731_k5_638


▲ジェラード&ジュリー役はSAKIKA以外の人に出演依頼しようかと思っていた時もありましたが、やっぱりここまでできるのは彼女以外いないかもしれません。

2016_0731_k5_647

▲演技ができて、歌えて、もちろん踊れて(バレエ歴はソレイユよりも長いsign03)、笑いもとれるし、涙も誘える………最高の役者です。お世辞抜きで happy02

2016_0731_k5_424

▲男に変装したジュリーをジェラードと勘違いして抱きしめるロメオ。

生まれて初めて男に抱きしめられたジュリーは一瞬で恋に落ち、エリザベス女王の忠告を忘れ、ロメオと逃げ出してしまう。ここから
悲劇へとまっしぐら!の展開。

2016_0731_k5_309

▲今回、どうしてもロメオ役が決まらず(いろいろな人にオファーはしたんですよ)

結局、安部先生と相談して、ボクと数人の出演者たちでカバーすることにしました。

タレント事務所にも相談はしましたが、短い期間で演技を覚えて、歌える役者はプロの役者でもそんなにいません。しかも、出来不出来に関係なく、出演料は支払わなければなりません。それだけの価値がある役者なら頼みたかったのですが、今回は別の演出方法で切り抜けることにしました。 crying

2016_0731_k5_624

ロメオとジュリーのラブシーンはSAKIKA本人が「遠慮しないで来い!」という了承のもとで演じたのでご理解下さいね。 coldsweats01  本人の承諾ナシでは絶対できません。


「どんな場面でも相手に遠慮しているとウソがバレるから本気で演じなきゃダメ!」と偉そうにソレイユのメンバーに常々教えている自分が、今回はその立場に立つことになりました。coldsweats01

2016_0731_k5_200

本気でやろうと決めても最初のうちはやっぱり遠慮してしまいました。

だって、親子ほど年齢違うのだから……。でも、そんなこと言ってたらせっかく本気で演じようとしているSAKIKAに対しても失礼だし、役者としても失格の烙印を押されてしまう。だから本気で演じましたよ。happy01

……不思議ですが、稽古を重ねていくと恥ずかしい気持ちが無くなっていき、衣装を着けるともう自然に役になりきることができました。

そして、本物の
役者魂を持った最高の役者との共演を心から楽しむことができました。

「役者冥利に尽きる」という言葉がありますが、まさにそんな気持ちでした。

2016_0731_k5_454

舞台の上では自分の立場や肩書なんて関係なし。ただ、自分が演じる役に徹しなければならない。それができなければ役者として失格!bearing 

2016_0731_k5_504

▲結論!SAKIKAはほんまもんの役者 fuji



公演がテスト期間と重なったり、いろいろな問題がありましたが、役を引き受けた以上は公演まで愚痴ひとつ言わずにやり通す。……さすがです。happy01

2016_0731_k5_019

見た目は美女sign03……これは誰も異論はないでしょう。


2016_0731_k5_195

…でも、性格はimpact
超ヘンな人impact  うまれついてのひょうきん者?happy02

2016_0731_k3ii_1169

性格がさっぱりしてて、切り替えがバッチリできる人だから、こちらもやりやすかったです。 note

ロメオ&ジェラードのテーマの歌詞にこんな一節があります。


俺は男である前に、人としてお前を愛してる……

まさにこの歌詞の通り!

SAKIKAとソレイユで出会えたことはshine一生の財産shine

彼女がいなければジェラード&ジュリー役は書けなかったし、『ミュージカル ウィリアム少年の夏』そのものが完成することはなかったでしょう。

だからこの作品を上演できるのは本当にSAKIKAのおかげ。happy01

2016_0731_k3ii_0842

ソレイユに入団した頃は教え子、でも今はボクなんか足元にも及ばない素晴らしい役者。しかもまだshine十代の若者shinesign03 

彼女が今後どのような人生の物語の中で、どのような
生き様を見せてくれるか? ……劇を書く者としては興味津々。

2016_0731_k3ii_1116

できることなら、今後も一緒に舞台を創作していけたらうれしいなぁ……。

そして、舞台芸術の素晴らしさを一人でも多くの人々に伝えてほしいheart02

♪ ああ ロメオ様        (セリフと歌詞の字幕を追加しました happy01 heart04 )


2016_0731_k3ii_1134

ちなみに、今回の公演には初演でロメオ役を演じてくれた卒業生のshine
MIUshineさんがきてくれましたsign03 彼女も今や大学生。ステキな女性に成長していました。

037

初演時のジェラード&ロメオsign03

2016_0731_k3ii_1164

MIUさんは「ウェルカム!ミッドナイトシアター」「ミュージカル 最後の一葉」など、ソレイユがオリジナルミュージカルの創作を開始する前後に、一緒に舞台を作った仲間です。

P1130028

『ミュージカル ウィリアム少年の夏』初演一週間前の合宿練習風景。

MIUさんがいなければロメオ役も生まれなかったと思います。

P1130144

SAKIKA&MIUのロメオ&ジェラード。

2010年当時の年齢から考えたらかなりオトナな役。しかも男同士の禁断の愛を真剣に演じてくれたからこそ、この作品はその後6年間に渡って4度も上演できましたsign03 本当に初演時の出演者みんなには感謝 weep


137

初演時の出演者たち。みんな自分の道をそれぞれのペースで着実に歩んでいることでしょうsign03

2016_0731_k3ii_1149

左から初演&四代目のジェラード&ジュリー役のSAKIKA。

三代目のオリバー&レイモンド&四代目のウィリアム役のKAE。

三代目のジェラード&ジュリー役のMEETAN

三代目のウィリアム役のTANTAN

そして三代目&四代目のエドモンド役のDICHI

ここもみんなミュージカル ウィリアム少年の夏組

さて、これから何代目まで続くでしょうか……?まったくわかりませんが、きっとお芝居への情熱が無くならない限り上演していくでしょう。

2016_0731_k3ii_1167

エリザベス女王役の安部先生とMIUさんとのスリーショットsign03……またいつか一緒に舞台できたらうれしいなぁ……

夢は想い続けたら必ず叶うというのが持論なので、いつかなんらかの形で叶うと信じます。

SAKIKKAが最後にポツリとつぶやきました。

「ロメオ役…MIUがよかったなぁ」


な、なにぃぃぃ~sign02sweat01  shock shock shock 

たしかにそうだとは思うけど、オジさんもがんばったでしょう。今回だけだから許しておくれよ~smile

2016_0731_k3ii_1238

……というわけで、第2回は6年分の歴史も含めて振り返ったのでかなり長いブログになってしまいましたが、第3回につづく  happy01   sun

|

« 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ① | トップページ | 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ③ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508556/64003997

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ②:

« 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ① | トップページ | 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ③ »