« 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ④ | トップページ | 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ⑥ »

2016年8月 6日 (土)

『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ⑤

『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべてを写真と共に振り返る第5回。

公演は先週の日曜日。前日の土曜日には劇場入りしたのでもう一週間が過ぎたことになります。本当に早い!

2016_0731_k3ii_1024_2


▲出演者で一番若い女の子、RIRU

2016_0731_k3ii_0178

昨年の「ミュージカル 冬のツバメたち」の公演から参加。その時は町のこども役。でも、今回は主要キャストの一人としてがんばりました!
bleah

2016_0731_k3ii_1006

稽古をしっかりやって、どんな役も任せられる役者になってくれたらうれしいな。

2016_0731_k5_441

まだ声が小さいし、劇場の端から端まで声が届かない。今はとにかく経験を積んでいろいろなことを身体で覚えていって下さい。あせらずコツコツいきましょう!

2016_0731_k3ii_1044

MIREI   洋物のカツラがバッチリ似合っててびっくり!happy02

2016_0731_k3ii_0279

▲今回の舞台では主役コンビをダブルキャストにして2公演する予定でしたが、さまざまな事情からダブルキャストをやめて1公演にしました。

もし、実現していたらMIREI版のヒロイン、ジョディも実現していたでしょうが、それはまたいつか近い将来……

2016_0731_k3ii_1025

▲この人がスゴイ実力の持ち主であることは、昨年の「ミュージカル 冬のツバメたち」でマッチ売りの少女を堂々と表現豊に演じたことで証明済み。

2016_0731_k3ii_0272

今回は出演時間のほとんどを4人組で演じる役だったので、他のキャストと合わせなきゃいけない部分があったのかな?実力を出し切ったとは言えないね。ちょっと残念 bearing

2016_0731_k3ii_0544

▲自分なりにいろいろ考えて、なんでもやれる勇気を持った人なので、きっと舞台で主役を演じる日が来るでしょう。

あせらずにその日が来るまで地道にコツコツ稽古を積んでいきましょうsign03

2016_0731_k3ii_0991

RUNE   この人も衣装とカツラがバッチリ!写真だけ見たら、こちらが主役のウィリアムと勘違いするかも? happy02

2016_0731_k3ii_0494

▲この人の持ち味はshine
天然系演技?shine 
本人は否定するけれど、稽古場でもRUNEの回りにはいつも笑いがあふれています。…なにやってもなんか他と違うし、オモシロイ! happy02 それってとってもグッド!

2016_0731_k3ii_0425

▲背が高いし、手足は長いし、スッキリしているから見た目はいつでも主役級!でも、稽古をチョコッ大事な時に休むことがあるし、肝心なところで病気したりするから、なんかもったいないね。……今後の課題はそこらあたりかな。

2016_0731_k3ii_0314

ソレイユのような小さい劇団でも、ひとつの公演をするには10人以上の人が集まる。
その中でimpact
主役impactを演じるというのは大変なこと。自分だけのことやってたら良いんじゃない。主役次第で公演の成功、不成功が分かれる場合もある。

2016_0731_k3ii_1084

これがもっと大きな劇団やプロのタレント事務所となると、その責任はもっと重く、厳しくなる。

一人の役者、タレントの仕事次第で、他の多くの人の人生まで変わることもあるし、結果次第では二度と舞台に立てなくなるような状況に追い込まれることだってある。

2016_0731_k3ii_0931

今のうちにしっかり稽古をして、みんなをリードするくらい存在感のある役者になってほしいですね。それだけの才能はある人だから。そして、天然だけでなく、計算したうえで笑いをとれる人になるべし!good



これはみんなに言っていますが……(ボク自身にも常に)


もっとも大切なことは人の言うことに耳を貸すこと。

わかりやすく言うとear人の話をよく聴くearってこと。

「聴く」というのはボーっと他人事と思って聞くのではなく、どんなことも自分のことと思ってしっかり心の耳で聴くこと。そして、
よく考える

その人がなにを伝えようとしているのかheart04
「真意」heart04をよく考える。それはネットにもスマホにも無い情報。それが大事。

2016_0731_k3ii_0856

これも、いつも言っていることですが、

人間は何か言ってもらえているうちが花 tulip

だめだこりゃ…と思われた時点で何も言われなくなるから。weep

「何も言わなくてもこの人ならわかる」と思われるくらい信頼されるまで、一度やり始めたことはとにかく投げ出さずにやり通す。

そうすれば、必ず結果は出るし、実績が残る。 bud

それが自分自身の自信になり、他の人に夢や勇気を与えることにもなっていく。

2016_0731_k3ii_0485

舞台に立つ出演者にはいつも
「自分が主役」と思って演じるように言っています。舞台の上では年長も年少もベテランも新人もお客様にとってはまったく関係なし。

たとえ主人公・ヒロインでも精一杯やってなければ印象に残らない場合も多い。

反対に、チョイ役が舞台全部を持っていってしまう場合もある。だから舞台は怖いし、オモシロイ!

2016_0731_k3ii_0773

ソレイユに入団して3年もすれば必ず主役を演じるくらいには育つ。もちろんちゃんと稽古をしていたらね。逆にならなければおかしい。  pig   pig    pig

いろいろあっても自分からやりたいと思って入団したならそこまではがんばってみることだね。そこまでいかずに終われば何言ってもぜ-んぶsweat02
言い訳sweat02bleah

2016_0731_k3ii_0490


人間が身体だけでなく中身も成長するまでには時間がかかる。ちょっとやちょっとではいろんなことを体得できないから。

今の時代は、さまざまな情報が溢れててなんでも(いらない情報まで)簡単に手に入るし、わかったつもりでいる。

でも、実際に体験してみて、その壁やハードルを乗り越えるために、自分なりに努力したり、悩んだりして得たことは
一生の財産になる。それは自分だけが勝ち取った情報だし、誰も簡単には引き出せない。 chick

2016_0731_k3ii_1148

舞台で他の人を演じ、さまざま人生を体験することは、将来自分の人生と本気で向き合う時に役立つ時がある。

舞台の登場人物は成功したり、ハッピーなままの人はいないから。みんな悩みを抱えているし、それを克服しようと行動を起こすから。そこにドラマがある!

失敗する役もいれば、途中で死ぬ役もいる。見事、乗り越える役もある。


ドラマとは人間が何十年間生きる姿を2時間くらいにギュッと凝縮しているもの。演じる人とその登場人物の人生がオーバーラップすることだってある。

2016_0731_k3ii_1234

ひとつの舞台は終わっても、人生のストーリーは続いていく。自分という役を努力と根性で育てていき、自分の夢や目標を絶対に叶えてほしい。

人の幸せはお金や地位や名誉、ぜいたくな暮らしや遊びで楽な生活ではない。それだけが人生のゴールなら本当に虚しい。

金で買えない経験や、人と人との出会い、ちょっとした喜びを幸せだな~と感じられるようになったら本当に幸せな人生を送っているのかも……happy01 heart04

その答えは人それぞれだから決して言い切ることはできない。自分でみつけていくしかないね。

みんなにはshine
時間shineというお金では買えない貴重な財産があるからね。先生たちよりずっと長く。でも、だからと言って無駄にしちゃもったいないよ。大事にしなよ!限りがあるからね。

(つづく) good   sun

|

« 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ④ | トップページ | 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ⑥ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508556/64018719

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ⑤:

« 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ④ | トップページ | 『ミュージカル ウィリアム少年の夏 2016』 寝屋川公演のすべて ⑥ »